7.15.5 2017年7月21日 - メンテナンスアップデート

UPDATE TMSにおいて、削除されたファイルのバージョン一覧を開くとエラーが発生する不具合を修正しました。

7.15.4 2017年6月30日 - メンテナンスアップデート

UPDATE バージョン7.15.3の修正により、TMSでの復元処理がエラーとなる不具合を修正しました。
UPDATE フォルダクォータの集計処理がタイムアウトする場合がある問題に対応しました。

7.15.3 2017年6月14日 - メンテナンスアップデート

UPDATE タイムマシーン機能で、大量コンテンツがあるフォルダ内のファイルを復元した際、復元がタイムアウトしてしまう不具合を修正しました。

7.15.2 2017年5月31日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 管理コンソールのシステム設定に「高度な操作」を追加しました。
UPDATE 高度な設定に「バックアップ・レプリケーションの初期バックアップ優先設定」を追加しました。
UPDATE 高度な操作に「ティアリング除外ファイル」を追加しました。
UPDATE クォータ編集時にクオータのパスにUnicodeに変換できないUnicodeエスケープシーケンスが含まれている場合、正常に動作しない不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージへティアリング実行中にエラーが大量に発生するとティアリングが進まなくなる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージのログを調整しました。
UPDATE 初期バックアップの対象となるファイルが残っている状態で、バックアップ・レプリケーション開始後に追加されたファイルのバックアップ・レプリケーションが全てエラーとなった場合に、初期バックアップも停止してしまう不具合を修正しました。

7.15.1 2017年4月26日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 隠し属性が設定されているコンテンツが、VVAULT Explorerでは表示されてしまう不具合を修正しました。

7.15.0 2017年4月12日 - マイナーアップデート

NEW Windows Server 2016 に対応しました。
UPDATE 構成ストレージの取り外し処理を見直し、速度を改善しました。
UPDATE マスタモードとレプリカモードにてクラウドストレージを利用している際に、キャッシュストレージの実使用量と空き容量を定期的にリフレッシュするように修正しました。
UPDATE 仮想ドライブ上の共有フォルダにExcelファイルの共有ブック機能を使用した場合に、上書き保存が失敗する不具合を修正しました。
UPDATE ファイルの保存時にエラーが発生した場合に、極稀にファイルが壊れた状態またはサイズが0バイトとなり、バックアップが正常に行われない不具合を修正しました。
UPDATE VVAULT Explorerからクラウドストレージに保存されているコンテンツをダウンロードすると、VVAULTサーバーのキャッシュストレージへのダウンロードが完了するまでVVAULT Explorerへのダウンロードが待機し、場合によってはタイムアウトする不具合を修正しました。
ETC 本バージョンよりWindows Vistaのサポートを終了いたします。

7.14.1 2017年3月17日 - メンテナンスアップデート

UPDATE キャッシュストレージ設定のキャッシュパスにドライブ直下のパスを指定している場合、容量制限値を変更した際に「キャッシュパスの変更」と判断される不具合を修正しました。
UPDATE 7.14.0環境のDBデータを用いてDBデータ再利用を行った場合に、TMS待受が「ON」にできない不具合を修正しました。
UPDATE TMS設定画面にて、ポート番号が未変更の場合でも「ポート番号が変更されているので、TMSが起動中の場合は再起動されます。」という警告ダイアログが表示される不具合を修正しました。
UPDATE TMSサーバーとの接続におけるタイムアウト時間を調整しました(4時間)。

7.14.0 2017年3月13日 - マイナーアップデート

NEW TMS(Time Machine Service)機能を追加しました。

7.13.3 2016年12月26日 - メンテナンスアップデート

UPDATE マスタドライブにクラウドストレージを利用している環境で、オブジェクトストレージからのレスポンスに時間がかかる場合、エクスプローラーが応答しなくなる問題に対応しました。
UPDATE クラウドストレージに不正なアーカイブメタが作成されると、アーカイブ削除処理でスタックオーバーフローが発生しサービスが停止する不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージへの接続エラーが原因で、マスタ不整合修復が停止する不具合を修正しました。
UPDATE ファイル保存時のクローズ処理でエラーが発生した場合、バックアップ及びレプリケーションされたファイルの容量が「0kb」で作成される不具合を修正しました。
UPDATE フォルダのセキュリティのエントリに「これらのアクセス許可を、このコンテナーの中にあるオブジェクトやコンテナーにのみ適用する」をチェックすると、そのフォルダに作成したコンテンツに対象のエントリが継承されない不具合を修正しました。
UPDATE ドライブの空き容量に関する警告文を一部修正しました。
ETC 一部の文言をマニュアルに記載のものと統一しました。

7.13.2 2016年10月26日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました(6.1.184)。
UPDATE Windowsのユーザーアカウント作成時にパスワードが必須な環境で、レプリケーション中のアカウント同期処理に失敗した際に出力されるログを適切な文言に修正しました。
UPDATE 構成ストレージに関するエラーが発生している状態で、構成ストレージ接続エラーが発生すると「構成ストレージに関するエラー」の解消メールが送信される不具合を修正しました。
UPDATE セキュリティ変換処理中に対象コンテンツが削除された場合、セキュリティ変換のエラーメールが送信される不具合を修正しました。
UPDATE キャッシュストレージ接続エラーと同時に空き容量警告が発生し続けた場合に、「空き容量警告」の解消メールが送信される不具合を修正しました。
UPDATE バックアップドライブ及びレプリカドライブにて、構成ストレージへの接続エラーが発生しているにも関わらず、バックアップドライブの空き容量エラーが解消した旨のメールが送信される場合がある不具合を修正しました。
UPDATE レプリカドライブの構成ストレージにて、容量制限値に「0」を指定できてしまう不具合を修正しました。
UPDATE マスタドライブの空き容量警告および障害の文言を調整しました。
UPDATE バックアップドライブの空き容量警告および障害の文言を調整しました。
UPDATE レプリカドライブの空き容量警告および障害の文言を調整しました。
UPDATE バックアップ設定画面及びバックアップ用構成ストレージ設定画面の使用状況にバッファサイズを表示するようにしました。

7.13.1 2016年9月30日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました(6.1.183)。
UPDATE マスタドライブの構成ストレージ設定画面に「空き容量警告」設定を追加しました。
UPDATE レプリカドライブの構成ストレージ設定画面に「空き容量警告」設定を追加しました。
UPDATE クラウドストレージを使用している場合、稀にクラウドストレージへのバックアップ及びレプリケーションがタイムアウトせず待機したままの状態となる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージで使用するキャッシュストレージに容量制限を超えて書き込みできることがある不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージで使用するキャッシュストレージの容量が不足した状態が続くと、クラウドストレージへティアリングされなくなる不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ及びレプリカドライブの構成ストレージを取り外す際、構成ストレージにあるアーカイブファイルが削除される不具合を修正しました。
UPDATE バックアップに使用するローカルストレージの接続チェックにおいて、接続エラーと解消のメール通知が1分間隔で交互に実行される場合がある不具合を修正しました。
UPDATE バックアップに使用するローカルストレージの接続チェックにおいて、正常な接続とする条件を変更しました。
UPDATE Basic認証を使用するプロキシサーバを経由してレプリケーションする際、レプリケーション先とプロキシサーバへの接続に使用する認証情報が一致していないとレプリケーションできない不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーション構築されているレプリカサーバーに対し、別のマスタから新規にレプリケーションを構築した際、レプリケーションをONにできない不具合を修正しました。
UPDATE 仮想ドライブ上でファイルを更新した時のファイルサイズが、稀にデータベースに反映されていない不具合を修正しました。

7.13.0 2016年8月23日 - マイナーアップデート

NEW マスタモードタブのドライブ設定画面に、「プロビジョニング」設定を追加しました。
NEW レプリカモードタブのドライブ設定画面に、「プロビジョニング」設定を追加しました。
NEW マスタモードタブのドライブ設定画面のクラウドストレージ設定に、「エクスプローラーでの空き容量表示」を追加しました。
NEW レプリカモードタブのドライブ設定画面のクラウドストレージ設定に、「エクスプローラーでの空き容量表示」を追加しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました(6.1.181)。
UPDATE 一部環境にて、ブルースクリーンが発生する問題を修正しました。
UPDATE クラウドストレージへ未転送のオブジェクトが増加すると共にメモリの使用量が増加する不具合を修正しました。
UPDATE 構成ストレージにクラウドストレージを含む仮想ドライブのコンテンツをエクスプローラーで表示した際、一時的にフリーズする問題を改善しました。
UPDATE 構成ストレージにローカルストレージを含むレプリカドライブをマウントした際、エクスプローラー上でバッファサイズが空き容量に含まれる不具合を修正しました。

7.12.0 2016年7月1日 - マイナーアップデート

NEW 日付データの管理をNTFSと同等の精度に対応しました。
NEW ファイル・フォルダの属性「ChangeTime」の記録に対応しました。
NEW Robocopyコマンドを使用したマイグレーションに対応しました。
ナレッジベースをご参照ください。
NEW 管理コンソールにティアリング用 使用頻度値記録モード設定を追加し、手動データ移行モードを新設しました。
ナレッジベースをご参照ください。
NEW 管理コンソールのシステム設定に「高度な設定」を追加しました。
※「ファイル書き込みオプション設定」の内容は「高度な設定」に移動しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました(6.1.180)。
UPDATE 一部環境にて、ブルースクリーンが発生する問題を修正しました。
UPDATE バックアップ設定のバックアップ除外の対象に「ChangeTimeの更新」を追加しました。
UPDATE レプリケーション設定のレプリケーション除外の対象に「ChangeTimeの更新」を追加しました。
UPDATE Vマイグレーションでファイルデータ更新時にアクセスログが移行元の更新日時で更新されない不具合を修正しました。
UPDATE 切り戻しで新規ファイル作成した際、データベースのアクセス日時に作成日が設定される不具合を修正しました。
UPDATE 仮想ドライブ上でパスの変更をした際、ローカルバックアップで管理されているファイルの実体が無い場合、バックアップが後回しになり解消されない不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ及びレプリケーションを使用している環境で、マスタドライブの構成ストレージに接続出来ない状態の場合、強制取り外し(ストレージリカバリ)がエラーとなって取り外せない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE サポートログに出力される内容を調整しました。

7.11.0 2016年3月30日 - マイナーアップデート

NEW マスタモードタブのドライブ設定画面に、「ユーザーからのファイルアクセスに対するタイムアウト」設定を追加しました。
NEW レプリカモードタブのドライブ設定画面に、「ユーザーからのファイルアクセスに対するタイムアウト」設定を追加しました。
UPDATE 仮想ドライブまたはレプリカドライブ操作によるクラウド上のオブジェクトの削除処理速度を改善しました。
UPDATE 仮想ドライブでクラウドストレージに存在する「同期取得最大サイズ」より大きいファイルを削除する際の削除処理速度を改善しました。
UPDATE バックアップ及びレプリケーションを利用していない環境において、レプリカモードからマスタモードに切り替えた後、ストレージの強制取り外しが出来ない不具合を修正しました。
UPDATE レプリカドライブから構成ストレージの取り外し(強制取り外し)をした際に送信されるメールの文言を一部修正しました。
UPDATE システム設定画面にて、ファイル書き込みオプションタブのレイアウトを調整しました。
UPDATE フォルダクォータ追加画面のレイアウトを調整しました。
UPDATE サポートログに出力される内容を調整しました。

7.10.0 2016年2月29日 - マイナーアップデート

NEW Windows10に対応しました。
NEW マスタドライブ用の構成ストレージとして、「vCloud Air Object Storage powered by Google Cloud Platform」に対応しました。
※ストレージタイプ:Nearlineは利用できません。
NEW レプリカドライブ用の構成ストレージとして、「vCloud Air Object Storage powered by Google Cloud Platform」に対応しました。
※ストレージタイプ:Nearlineは利用できません。
NEW バックアップ用の構成ストレージとして、「vCloud Air Object Storage powered by Google Cloud Platform」に対応しました。
※ストレージタイプ:Nearlineは利用できません。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました(6.0.173)。
UPDATE 一部環境にて、ブルースクリーンが発生する問題を修正しました。
UPDATE クラウドストレージへのAPIリクエストのタイムアウトを調整しました。
UPDATE IDCフロンティア オブジェクトストレージへのリクエスト制御を行うように変更しました。
UPDATE 仮想ドライブからクラウドストレージに保存されているコンテンツにアクセスした場合の読み取りタイムアウトを調整しました。
UPDATE バックアップストレージへの接続チェックでバックアップストレージの空き容量が確保できない場合、接続エラーが頻発する不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージ追加画面のレイアウトを調整しました。
ETC 本バージョンよりWindows 8のサポートを終了いたします。

7.9.0 2015年12月16日 - マイナーアップデート

NEW 取り外し機能に、中止機能を追加しました。
NEW 取り込み機能に、一時停止機能を追加しました。
NEW 取り込み機能に、強制終了機能を追加しました。
NEW マスタドライブ用の構成ストレージとして、「Google Cloud Storage」に対応しました。
※ストレージタイプ:Nearlineは本バージョンでは利用できません。
NEW レプリカドライブ用の構成ストレージとして、「Google Cloud Storage」に対応しました。
※ストレージタイプ:Nearlineは本バージョンでは利用できません。
NEW バックアップ用の構成ストレージとして、「Google Cloud Storage」に対応しました。
※ストレージタイプ:Nearlineは本バージョンでは利用できません。
NEW マスタドライブ用の構成ストレージとして、「NEC Cloud IaaS オブジェクトストレージ(N)」に対応しました。
NEW レプリカドライブ用の構成ストレージとして、「NEC Cloud IaaS オブジェクトストレージ(N)」に対応しました。
NEW バックアップ用の構成ストレージとして、「NEC Cloud IaaS オブジェクトストレージ(N)」に対応しました。
UPDATE クラウドストレージ追加画面にて、ストレージ種類の選択肢「ソフトバンクテレコム 分散ストレージ」を「Yahoo!クラウドストレージ」に名称変更しました。
UPDATE クラウドストレージ追加画面にて、ストレージ種類の選択肢をアルファベット順に変更しました。
UPDATE マスタドライブの構成ストレージ設定画面のデータ移行設定に「取り外しオプション」設定を追加しました。
UPDATE レプリカドライブの構成ストレージ設定画面のデータ移行設定に「取り外しオプション」設定を追加しました。
UPDATE バックアップの構成ストレージ設定画面のデータ移行設定に「取り外しオプション」設定を追加しました。
UPDATE マスタドライブがアンマウント状態でレプリカに切り替えられない状態でも切り替えられてしまう不具合を修正しました。
UPDATE メタ情報更新したファイルのアーカイブデータ(メタ情報更新のみ)の復元ができなくなる不具合を修正しました。
UPDATE サポートログに出力される内容を調整しました。

7.8.3 2015年10月28日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました(5.1.164)。
UPDATE 構成ストレージ設定画面に「データ移行設定」を追加し、取り込み中のエラーを無視してライブマイグレーションを実行できる様に修正しました。
UPDATE サービス起動時のクラウドへの再転送処理速度を改善しました。
UPDATE 構成ストレージの取り外し/強制取り外し中にエラーが多数発生している環境でのデータベースの負荷を軽減し、速度を改善しました。
UPDATE バックアップ機能をアンインストールした際、データベースに不要なテーブルが残る不具合を修正しました。
UPDATE 構成ストレージの容量制限値を変更する際、単位を変更できない不具合を修正しました。
UPDATE クラウドへの処理の終了処理でエラーが発生する事により、待機し続けてしまう場合がある不具合を修正しました。
UPDATE コンカレントモード有効時に、実体ファイルサイズが0以上でデータベースのファイルサイズが0の場合、ファイルが開けない不具合を修正しました。
UPDATE 構成ストレージに「空き容量が確保できない」の警告メッセージが表示されると、仮想ドライブに「×」アイコンが表示される不具合を修正しました。
UPDATE 構成ストレージにクラウドストレージがある場合、各ストレージの「その他」の合計がマスタドライブ設定画面に表示される「その他」の値と等しくならない不具合を修正しました。
UPDATE 構成ストレージにクラウドストレージがある場合、各ストレージの「その他」の合計がバックアップ設定画面に表示される「その他」の値と等しくならない不具合を修正しました。
UPDATE 構成ストレージにクラウドストレージがある場合、各ストレージの「その他」の合計がレプリカドライブのステータス画面に表示される「その他」の値と等しくならない不具合を修正しました。
UPDATE インスタンス2の初期化画面で表示されるグラフの値が正しく表示されない不具合を修正しました。
UPDATE サポートログに出力される内容を調整しました。

7.8.2 2015年9月16日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました(5.1.163)。
UPDATE クラウドストレージで使用されるキャッシュストレージ内の不要なフォルダ・ファイルを定期的に削除する機能を追加しました。
UPDATE 仮想ドライブでファイル名を大文字(又は小文字)に変換した場合に、バックアップ、レプリケーションされなくなる不具合を修正しました。
UPDATE ティアリングでエラーが大量に発生した場合に、ティアリングが進まない不具合を修正しました。
UPDATE 「AmazonS3Exception」エラーが発生した場合に、キャッシュストレージ内のメタファイルが削除され、使用不可能なコンテンツになる不具合を修正しました。

7.8.1 2015年7月28日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 管理コンソールのシステム設定に「ファイル書き込みオプション」設定を追加しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました(5.1.160)。
UPDATE 一部環境にて、ブルースクリーンが発生する問題を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションでのデータ移行中にセキュリティエラーが多数発生している環境でのデータ移行速度を改善しました。
UPDATE IDCフロンティア オブジェクトストレージに保存されているファイルの削除処理速度を改善しました。
UPDATE VVAULT 7.3.0以降のバージョンで発生が確認されていた、IDCフロンティア オブジェクトストレージにバックアップ/レプリケーション処理時の不要なアーカイブオブジェクトが残る不具合を修正しました。
UPDATE 共有のアクセス許可に「読み取りのみ」を設定している構成ストレージの強制取り外しができない不具合を修正しました。
UPDATE VVAULTサービスの説明内容を一部変更しました。
UPDATE VVAULTの「Event.log」に出力される内容を調整しました。
UPDATE Windowsのプログラムと機能に表示されるアイコンをVVAULTアイコンに変更しました。

7.8.0 2015年6月24日 - マイナーアップデート

NEW VVAULT License 7.8に対応しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました(5.1.159)。
UPDATE VVAULTプロセスが異常終了する場合がある問題について修正しました。
UPDATE 「Professional」ライセンスでのローカルバックアップデータ保存可能日数を「8日」から「31日」に変更しました。
UPDATE 「Professional」ライセンスでのクラウドバックアップデータ保存可能日数を「8日」から「31日」に変更しました。
UPDATE ファイル/フォルダ名称の末尾が「.」となっているコンテンツで発生する問題に対応しました。
UPDATE ライセンスチェックする際にバックアップサービスがタイムアウトすると、有効なライセンスにも関わらず失効してしまう不具合を修正しました。
UPDATE ストレージへの接続チェックが複数同時に行われた際、正常に稼働しているにも関わらず、接続エラーとなる場合がある不具合を修正しました。
UPDATE ティアリング状況の告知内容が「全ストレージが発動使用率未満」以外の場合でも「発動使用率未満のため...」と表示される不具合を修正しました。
UPDATE システムリカバリ実行中に表示されるティアリング状況の告知内容を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションのデータ移行設定にて、移行先フォルダのパスを空にした場合、移行できない不具合を修正しました。
UPDATE レプリカサーバーの障害報告メールの文言を一部修正しました。
UPDATE 管理コンソールのメールの設定で「SSLを使用」から「SSLを使用(STARTTLS)」に表示を変更しました。
UPDATE インストーラーのプロパティ詳細の内容を一部変更しました。

7.7.0 2015年5月18日 - マイナーアップデート

NEW Vマイグレージョン機能が、実行時間帯指定/曜日ごとの実行時間帯指定に対応しました。
NEW Vマイグレージョン機能に、一時停止/再開機能を追加しました。
NEW バックアップ機能が、曜日ごとの実行時間帯指定に対応しました。
NEW レプリケーション機能が、曜日ごとの実行時間帯指定に対応しました。
NEW ティアリング機能が、曜日ごとの実行時間帯指定に対応しました。
UPDATE バックアップの一部処理にて、正常処理されるにもかかわらずエラーと誤判定され、不要な待機時間が発生する不具合を修正しました。
UPDATE 予期せぬアンマウントが発生している状態において、管理コンソールにてアンマウント操作、およびサービス停止を実施してもエラーとなり状態を解消できない不具合を修正しました。
UPDATE VVAULTに保存されているファイル・フォルダにおいて、Usersグループのセキュリティ設定をすべて拒否に変更すると、以後どのユーザーからも操作できなくなる不具合を修正しました。
UPDATE 保留ファイル一覧に表示されるが、ライブリカバリを行うためのコンテンツが無い(データ不整合状態)場合、管理コンソールのライブリカバリ「全てのファイルを復元」を実行すると復元処理が終了しなくなる不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーションの設定画面からペアリング解除した場合、「アーカイブビットの更新」が初期値に戻らない不具合を修正しました。

7.6.2 2015年4月8日 - メンテナンスアップデート

UPDATE マスタモード/レプリカモードタブのドライブ設定画面にて、ティアリングの状態を表示するようにしました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました。
UPDATE 一部環境にて、ブルースクリーンが発生する問題を修正しました。
UPDATE 長期使用により、メモリ消費が増加する問題を修正しました。
UPDATE レプリケーション実行のメモリ消費を抑制しました。
UPDATE VirtualDriveServiceを停止した際、稀にアプリケーションエラーが発生する不具合を修正しました。
UPDATE VVAULTサービスの停止時にクラウドへ未転送のファイルがある場合、VVAULT起動時にその他容量が増えてしまい、空き容量によってはクラウドへのティアリングが行われない不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションでの移行中に接続エラーが発生した場合、最大5回リトライを行うように変更しました。
UPDATE クラウドストレージを利用している環境で、稀にバックアップ/レプリケーションが終了しない不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ及びレプリケーションを使用している環境において、バックアップからのライブリカバリエラーが発生した場合、レプリカドライブからのライブリカバリが実行されない不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ及びレプリケーションを使用している環境において、バックアップサービスが停止している場合、レプリカドライブからライブリカバリが実行されない不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーションのアカウント同期にて、Windowsの既知のアカウントが扱えない不具合を修正しました。
UPDATE 取り込みでファイルの更新日時、アクセス日時、作成日時が設定されていない場合、ファイルは取り込まずファイルの情報をログに出力するよう変更しました。

7.6.1 2015年3月10日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 7.4.0以降、仮想ドライブのサービスが不意に停止する不具合を修正しました。
※詳細についてはブログをご参照ください。
UPDATE インスタンス2のバックアップ機能を利用している環境にて、VVAULT DRBackup Database Service が停止された状態でアップデートを行うとアップデートエラーになる不具合を修正しました。

7.6.0 2015年2月25日 - マイナーアップデート

NEW Windows監査ログに対応しました。
※対応している監査の種類など詳細についてはナレッジベースを参照ください。
NEW マスタモードタブのドライブ設定画面にて、仮想ドライブ内のファイルへのアクセス時にアクセス日時をファイルに記録するか否か、を設定できるようにしました。
UPDATE バックアップ設定のバックアップ除外の対象に「アーカイブビットの更新」を追加しました。
UPDATE レプリケーション設定のレプリケーション除外の対象に「アーカイブビットの更新」を追加しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました。
UPDATE マスタモードタブのドライブ設定画面のレイアウトを変更しました。
UPDATE 仮想ドライブのディスクタイプ「固定ディスク」の名称を、「固定ディスク(機能制限あり)」に変更しました。
UPDATE 構成ストレージの容量制限をしていないマスタドライブをノーマルモードで使用した際、ドライブ情報の取得処理が遅延する場合がある為、動作モードに関わらずキャッシュから情報を取得するよう仕様変更しました。
UPDATE ライブリカバリが発動した際に、復元先ストレージが障害が発生したストレージ以外に存在しない場合でも復元できるように対応しました。
UPDATE レプリケーションのアカウント同期処理にて、セキュリティ変換の負荷を軽減しました。
UPDATE バージョン7.3.0~7.5.0において、構成ストレージとして各ドライブのルートフォルダを追加できない不具合を修正しました。
UPDATE システムリカバリ時に復元先のストレージが取得できない場合、システムリカバリ待機中となり再実行できない不具合を修正しました。
UPDATE ノーマルモードかつ容量制限している場合、ファイル削除してもドライブのプロパティの使用容量と空き容量に反映されない不具合を修正しました。
UPDATE ドメイン環境にて、グループメンバー一覧で不要な情報が出力されていた不具合を修正しました。
UPDATE 一部の環境で、アカウントに関わる処理を行うとVVAULTのサービスが落ちる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージ画面にて、使用状況のストレージ使用量で去年以前が表示されない不具合を修正しました。

7.5.0 2015年1月30日 - マイナーアップデート

NEW サポート情報取得ツールを追加しました。
NEW 管理画面のシステム設定に「ログ」設定を追加しました。
NEW マスタドライブ用の構成ストレージとして、「GMOクラウド ALTUS オブジェクトストレージ」に対応しました。
NEW レプリカドライブ用の構成ストレージとして、「GMOクラウド ALTUS オブジェクトストレージ」に対応しました。
NEW バックアップ用の構成ストレージとして、「GMOクラウド ALTUS オブジェクトストレージ」に対応しました。
UPDATE バックアップ、レプリケーションの負荷に関係するパラメーターを調整しました。
UPDATE 新規インストール時の初期ディスクタイプを固定ディスク(ごみ箱あり)に仕様変更しました。
UPDATE 「Basic」「Business」ライセンスからのアップデートで、ライセンスチェック(容量制限)が正常に動作しない不具合を修正しました。
UPDATE VirtualDriveServiceを停止した際に、稀に停止できない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーションのアカウント同期処理において、一部のグループメンバーの削除ができない不具合を修正しました。
UPDATE アカウント同期後にマスタ側でグループメンバーを削除した後、削除した同名のグループメンバーを作成すると、切り戻しができなくなる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージに保存された0kbのアーカイブデータの復元ができなくなる不具合を修正しました。
UPDATE 操作履歴処理の実行間隔を2秒毎に変更し、バックアップ、レプリケーションのパフォーマンスを改善しました。

7.4.0 2015年1月5日 - マイナーアップデート

NEW フォルダクォータ機能の通知メール送信先として、任意のメールアドレスを指定する機能を追加しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバアップデートに伴い、データベースの最大コネクション数を増やしました。
UPDATE 管理コンソールで使用しているJavaランタイムをアップデートしました。
UPDATE 高負荷時において、マスタドライブが応答しなくなる不具合を修正しました。
UPDATE パスが不正な場合でもコンテンツが作成できてしまう不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーション中にロックする対象を見直し、ティアリング、バックアップ、レプリケーションのパフォーマンスを改善しました。
UPDATE 使用頻度が設定される前にレプリケーションされたファイルが、スタンバイサーバでティアリング対象とならない不具合を修正しました。
UPDATE 構成ストレージ取り外しの終了処理にて、移動したデータ量に比例してメモリの消費量が増加する不具合を修正しました。
UPDATE キャッシュストレージにバッファ領域を設け、クラウドストレージへの書き込みに専有されないよう修正しました。
UPDATE 大量のデータが保存されたクラウドストレージにて、削除処理のパフォーマンスを改善しました。
UPDATE クラウドストレージにて、不正なデータが残りティアリング、バックアップが正常に動作しなくなる不具合を修正しました。
UPDATE キャッシュストレージへ書き込み中にVVAULTのプロセスが終了すると、不正なデータが残りクラウドストレージが利用できなくなる不具合を修正しました。
UPDATE VVAULT起動時に、クラウドストレージへの接続チェックに失敗する場合がある不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージの取り外し処理で、クラウドサービスからファイルのメタ情報取得に失敗すると、当該ジョブが強制終了する不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージに保存されたアーカイブデータを復元した際に、当該ジョブが終了しなくなる場合がある不具合を修正しました。
UPDATE レプリカドライブのアカウント自動同期機能において、不要なエラーメールが送信される場合がある不具合を修正しました。
UPDATE アプリケーションログの出力にて、プライバシーモードの設定が一部有効にならない不具合を修正しました。
UPDATE バージョン7.3.0にて、構成ストレージの取り外し処理が終了しなくなる場合がある不具合を修正しました。
UPDATE バージョン7.3.0にて、使用頻度の高いファイルが最速ストレージに移動できない場合がある不具合を修正しました。

7.3.0 2014年11月28日 - マイナーアップデート

NEW マスタドライブに不整合修復機能を追加しました。
NEW ティアリングの発動率を設定する項目を追加しました。
NEW マスタドライブからクラウドストレージに保存されたデータを取得する際、同期処理する最大サイズを設定する項目を追加しました。
UPDATE 構成ストレージで発生するパス長の問題に対応しました。
※構成ストレージにNFSをご利用の場合、この修正による問題が確認されています。詳細はナレッジベースを参照ください。
UPDATE 名称の末尾が全角スペースとなっているコンテンツで発生する問題に対応しました。
UPDATE クラウドストレージにて、IDCフロンティア オブジェクトストレージサービスのバージョンアップに対応しました。
UPDATE 各プロキシサーバ設定を、システム設定の「プロキシサーバ」タブ内に統合しました。
UPDATE バックアップおよびレプリケーションにて、フルバックアップ中にサービスが停止すると、バックアップが完了した状態となる不具合を修正しました。
UPDATE バックアップおよびレプリケーション処理中に何らかの理由で親フォルダの作成に失敗した際、再帰的な処理に陥ってサービスが強制終了する不具合を修正しました。
UPDATE ライブマイグレーション中に、未取り込みのコンテンツがマスタドライブ上に正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE フォルダクォータを利用していない環境において、当該機能に関する不要なエラーメールが送信される場合がある不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージへの接続に使用するプロトコルのデフォルト値をHTTP→HTTPSに仕様変更しました。
UPDATE レプリケーションのアカウント同期にて、ローカルのadministratorアカウントのみ同期対象から除外するよう仕様変更しました。
UPDATE システムリカバリでマスタドライブの一部の設定項目が復元されない不具合を修正しました。
UPDATE 大量データ時のティアリングのパフォーマンスを改善しました。
UPDATE SSLバージョン3.0の脆弱性(CVE 2014-3566、通称「POODLE」)に対応しました。
UPDATE シャットダウンした際に、レプリケーションおよびバックアップレポート内容をWindowsイベントログに出力するよう変更しました。
UPDATE Windowsイベントログの本文にインスタンス名を含めるよう変更しました。
UPDATE Windowsイベントログに出力する内容をアプリケーションログにも出力するよう変更しました。

7.2.2 2014年10月29日 - メンテナンスアップデート

UPDATE マスタドライブ上でひとつのファイルに対して移動と名称変更を行うと、レプリケーションに失敗してしまう場合がある不具合を修正しました。
UPDATE 名称の末尾が全角スペースとなるコンテンツをマスタドライブに作成できないよう仕様変更しました。
UPDATE マスタドライブからクラウドストレージに保存されたデータを取得する際、ストレージのバッファ領域が使用されない不具合を修正しました。
UPDATE マスタドライブのデフォルト動作モードを「ノーマルモード」から「コンカレントモード」に変更しました。
UPDATE レプリケーションされたデータのセキュリティ情報が空となってしまう場合がある不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーション中にデータが二重送信される場合がある不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーションのアカウント同期中に、セキュリティ変換に失敗した旨のメールが誤送信される不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーションのアカウント同期処理において、グループメンバーの削除に対応しました。
UPDATE レプリケーションのアカウント同期中にグループメンバーの同期に失敗した際、エラー情報が正しくログに出力されない不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーションに関するレポートメールの記載内容を一部変更しました。
UPDATE 大量のコンテンツがレプリケーションされている場合、セキュリティ情報の再取得処理がエラーとなる不具合を修正しました。
UPDATE ペアリングを解除したにも関わらず、ペアリング先のドライブ情報が残ったままとなる不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーンビューアから実体ファイルが存在しないアーカイブデータを復元した場合、当該ジョブが終了しなくなる不具合を修正しました。
UPDATE 管理コンソールに表示されるペアリング先のレプリカドライブの使用量が、実際の使用量と異なる場合がある不具合を修正しました。
UPDATE 7.1.0以降のVVAULTにおいて、クラウドストレージに保存されたデータをバックアップするとエラーとなる不具合を修正しました。
UPDATE クイックマイグレーション実行中にVVAULTのプロセスが終了すると、それ以降ジョブが再実行できなくなる不具合を修正しました。
UPDATE ドメイン環境でライブマイグレーションおよびクイックマイグレーションを実行した際、ローカルのセキュリティ情報を正しく変換できない不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションおよびレプリケーションを実行した際、ドメインとローカルに同名のアカウントが存在するとセキュリティ情報を正しく変換できない不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションでの移行中にエラーが発生した場合、移行元サーバーへのユーザー認証情報が変更できなくなる不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ機能をアンインストールした際、VVAULT関連のサービスを再起動するように仕様変更しました。

7.2.1 2014年9月25日 - メンテナンスアップデート

UPDATE タイムマシーンビューアーの一覧表示速度を改善しました。
UPDATE Vマイグレーションのデータ移行設定に、移行中に発生する問題のうち「セキュリティ変換不可」となった問題のみを無視するオプション項目を追加しました。
UPDATE Vマイグレーションのデータ移行中に問題が発生した場合、発生した問題の種類毎にログファイルを生成するよう仕様変更しました。
UPDATE Vマイグレーションのデータ移行および診断において、実行結果画面の表示内容を一部変更しました。
UPDATE Vマイグレーションで通知するメールおよびイベントログに、ジョブの実行結果画面と同等の内容を含めるよう仕様変更しました。
UPDATE Vマイグレーションのジョブを実行中にプロセスが停止してしまった場合、ステータスが「移行エラー」にならない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションのデータ移行にて、処理件数にルートフォルダーがカウントされていなかった不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションの共有設定移行処理中に不要なセキュリティ変換が行われ、データ移行を再実行した際にエラーとなる場合がある不具合を修正しました。
UPDATE 7.2.0以降のインストーラーでローカルバックアップデータを使用したシステムリカバリが実行できない不具合を修正しました。
UPDATE フォルダクォータ機能がOFFの場合、フォルダクォータの集計ジョブを動作させないよう修正しました。
UPDATE コンカレントモード有効時に、マスタドライブの使用量より大きなファイルを操作するとエラーとなる場合がある不具合を修正しました。
UPDATE 「Amazon S3」以外のクラウドストレージサービスを利用した場合、キャッシュストレージに不要なデータが残ってしまう不具合を修正しました。
UPDATE 特定の条件下において、スタンバイサーバーからの切り戻し処理が終了できなくなる不具合を修正しました。
UPDATE バックアップおよびレプリケーションにおいて、マスタドライブ上でロックされたコンテンツを処理できるよう修正しました。
UPDATE バックアップおよびレプリケーションにおいて、レポートメールに実際と異なる集計値が記載される場合がある不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーションにおいて、エラー発生時のリトライ間隔を1秒→0秒に変更しました。
UPDATE 管理コンソール内の認証情報を設定する箇所で、ユーザー名の前にサーバーの指定がない場合、「管理対象パス」および「サーバー名」から取得した値を使用して自動補完するよう仕様変更しました。
UPDATE 管理コンソール内の認証情報を設定する箇所で、パスワードの入力欄にシングルクォーテーション等の特殊文字が入力された際、エスケープ処理が行われていなかった不具合を修正しました。
UPDATE レプリカモードタブでクラウドストレージの設定を変更すると、マスタモードタブへ画面遷移してしまう不具合を修正しました。
UPDATE バックアップおよびレプリケーションで後回しとなったコンテンツを確認するためのツール「BUEList.exe」をインストーラーに含めました。
UPDATE VVAULTのアプリケーションログファイルに出力する内容を最適化しました。

7.2.0 2014年8月27日 - マイナーアップデート

NEW フォルダクォータ機能を追加しました。
UPDATE 不適切な処理変更によりレプリケーション速度が低下していた問題を修正しました。
UPDATE レプリケーションのアカウント変換が一部正常に処理されない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションの移行処理において、一部のエラー情報がログに出力されない不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションにて、移行再実行時に対象のファイルサイズが変化している場合、仮想ドライブ上のファイルサイズが更新されない不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションのアカウント移行処理において、移行元に「IUSR」というアカウントがグループメンバに存在していると移行処理がエラーとなる不具合を修正しました。
UPDATE アーカイブ一覧取得時のタイムアウト値を1分→10分に変更しました。

7.1.1 2014年8月1日 - メンテンスアップデート

UPDATE マスタドライブ内で発生する警告および障害が通知されない不具合を修正しました。

7.1.0 2014年7月31日 - マイナーアップデート

NEW VVAULT License 7.1に対応しました。
NEW マスタドライブ用の構成ストレージとして、「ソフトバンクテレコム 分散ストレージ」に対応しました。
NEW レプリカドライブ用の構成ストレージとして、「ソフトバンクテレコム 分散ストレージ」に対応しました。
NEW バックアップ用の構成ストレージとして、「ソフトバンクテレコム 分散ストレージ」に対応しました。
NEW Vマイグレーションのデータ移行処理速度を改善しました。
NEW Vマイグレーションにて、データ移行速度を表示するよう対応しました。
NEW アクティブディレクトリー設定を追加し、ローカルグループにドメインユーザーが追加できない問題に対応しました。
NEW マスタドライブの不正マウント状態をイベントログとメールで通知するよう対応しました。
NEW バックアップおよびレプリケーションの状態をイベントログとメールで通知するよう対応しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました。
UPDATE Vマイグレーションおよびタイムマシーンにおいて、書き込み先のストレージが正しく選定できない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションのデータ移行診断において、最大パス長のチェックが正しく行われない不具合を修正しました。
UPDATE Vマイグレーションにて、待機中のジョブを中断すると再実行できなくなる不具合を修正しました。
UPDATE 構成ストレージに接続エラーのストレージがあると、ストレージ追加時にフォルダ同期処理が終了しなくなる不具合を修正しました。
UPDATE バックアップおよびレプリケーションの設定画面において、処理が終了しているにも関わらず残数がカウントされたままとなる不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ設定画面において、後回しとなったコンテンツが発生した場合に警告メッセージが表示されない不具合を修正しました。

7.0.0 2014年6月18日 - メジャーアップデート

NEW Vマイグレーション機能を追加しました。
NEW VVAULT License 7.0に対応しました。
UPDATE 並行処理性能を向上させるコンカレントモードに正式対応しました。
UPDATE Administration Toolの使用中に、Internet Explorerを互換モードに切り替えられない様に修正しました。
UPDATE ストレージの構成中(取り込み、取り外し、クイックマイグレーション)に、モード切り替えが行えないよう修正しました。
UPDATE タイムマシーンにて、ファイル削除によってアーカイブされたファイルの名称に「\」記号が含まれてしまい、復元できなくなる不具合を修正しました。
  • マイナンバー制度に対応したセキュリティ対策はお済みですか?
  • VVAULTサーバー運用管理代行サービス「VVAULT Managed Service」
  • 「Vマイグレーション」で簡単・確実なサーバー移行
  • VVAULT クラウドバックアップサービス ー自動バックアップ・ランサムウェア対策にー
© 2017 OREGA inc.