23 構成ストレージの設定

23-2 ライブマイグレーションによるデータの移行手順

既存データの取り込み

構成ストレージとして追加する際、マスタドライブ用の管理フォルダーが自動生成されますが、既にストレージに保存されていたデータはそのままではマスタドライブで扱うことはできません。マスタドライブでそれらの既存データを扱うには、ストレージ設定画面から既存データを「取り込む」必要があります。以下の手順に従って、既存データをマスタドライブへ取り込んでください。

尚、この機能はマスタドライブの構成ストレージにのみ対応しています。

手順解説

① 既存データが保存されているストレージの設定画面へ移動し、「取り込み」ボタンをクリックします。

import_01.png

② 対象ストレージのアイコンが実行中のものへ切り替わります。

import_02.png

③ 処理が正常に完了した場合は、マスタドライブのルート直下に対象のストレージ名のフォルダーが生成され、その中に既存データが移動されています。

import_03.png

ワンポイント

レポートメールを送信する設定の環境では、取り込み処理の完了時に結果をメールで通知します。レポートメールについての詳細は「10-1 レポートメールとは」をご覧ください。

取り込みに失敗する場合

取り込みに失敗した場合は、「27-2 警告・障害の種類と解決方法」を参考に、エラーとなったコンテンツの問題(読み取り専用になっている等)の解決してください。解決後、再度実行してください。