作成者別アーカイブ: hf@VVAULT

Windows 7 → Windows 8アップグレード対応手順

カテゴリー: チュートリアル | コメントをどうぞ

VVAULTがインストールされているWindows 7の環境をWindows 8にグレードした場合、そのままではVVAULTが使えない状態となります。本チュートリアルは、既存環境からWindows 8へアップグレードする場合の対応手順について説明します。
なお、Windows Server 2012へのアップグレードでも同様の手順にて対応ください。

(続きを読む…)

Windows 8 / Windows Server 2012 / Windows Storage Server 2012をお使いいただくための注意事項

カテゴリー: チュートリアル | コメントをどうぞ

VVAULT 4.0.0での「Windows 8」「Windows Server 2012」「Windows Storage Server 2012」の動作確認が完了いたしました。
基本的な動作に問題はありませんが、上記OSでお使いいただく場合の注意事項を記載いたしましたのでご確認ください。 (続きを読む…)

VVAULT速度改善検証

カテゴリー: テックレポート | タグ: | コメントをどうぞ

お久しぶりです。
VVAULTスタッフのhfです。

前回ブログ更新からだいぶ間が空いてしまいましたが、今回はVVAULT2.2.0にて行われた速度改善について、その実測値をお届けしたいと思います。

今回のリリースでは、主に小さなファイルを多く処理する場合のボトルネックを読込処理を中心に対応しましたが、結果としては読込処理だけでなく書込処理も多少改善されております。
また削除処理についても処理の見直しを実施し、結果大幅に改善しました。

それでは検証結果を提示する前に検証の内容と方法について説明します。
(続きを読む…)

PC引っ越し VVAULTデータベース移行ガイド

カテゴリー: テックレポート | タグ: | 1件のコメント


皆様こんにちは。VVAULTスタッフのhfです。

今回はフォーラムで、“ストレージはそのままに、XP上のVVAULTで管理されたデータを別のWindows7 PCに移行する場合はどうするのか?”という質問がありましたので、その方法についてこっそりと説明したいと思います。

VVAULTを利用している環境を他の環境に簡単に移行できるような機能の開発は今後の課題として、本ガイドでは移行元PCのVVAULTで管理しているデータベースデータとストレージを移行先の環境で同様に認識させることにより、ファイルのコピーや取り込みといった処理をなくして移行時間の短縮化を図ります。

ドメインで管理されていない環境での注意点として、通常のハードディスクでも同様ですが、新しい環境にハードディスクを接続する場合は、セキュリティに設定されているユーザー情報やグループ情報が新しい環境のものに変換されません。そのため、セキュリティ設定が必要な場合は接続後に再設定が必要となります。ただし、今回はセキュリティ情報の復元(変換)までは説明しません。

ちなみに、VVAULTの共有フォルダの取り込みでは(ワークグループ環境の場合)このあたりの変換をある程度自動で面倒みてくれたりします。新規のストレージを用意できる場合は、移行元のの仮想フォルダを共有フォルダとして取り込むのが、時間はかかりますが手間はかからないかもしれません。

なお作業はある程度のPCの知識とリスクが伴いますので、初心者の方にはおすすめできません。すべて自己責任にてお願いします。
(続きを読む…)

VVAULT2.0アップデート時の注意点

カテゴリー: テックレポート | タグ: | コメントは受け付けていません。


皆様こんにちは。VVAULTスタッフhfです。
本日VVAULT2.0リリースとなりました。

バージョンアップについて注意が必要な個所がありますので、下記に記載します。

★旧バージョンからアップデートするユーザー様へ

11.09.22 追記
旧バージョンからのアップデートで失敗する問題は2.0.1にて対応しました。

11.09.14 追記 >>>
【重要】
旧バージョンからのアップデートにて、2.0.0インストーラの問題により正常にアップデートできない場合があることが判明いたしました。(1.5.0βバージョン含む)
修正バージョンのインストーラの準備を進めておりますが、ご提供まで日数を要します。つきましてお手数ですが下記操作を行った後にアップデートくださるようお願いいたします。

「コントロールパネル」>「システムセキュリティ」(XPの場合は「パフォーマンスとメンテナンス」)>管理ツール>サービスを選択し、「VVAULTVirtualDriveService」および「VVAULTWebService」を停止します。「VVAULTDatabaseService」は停止しないでください。
可能であれば「タスクマネージャ」の「プロセス」の「全ユーザのプロセスを表示する」にチェックをつけて、「イメージ名」の一覧に「tomcat5.exe」「VVAULT.exe」が存在しないことを確認します。

アップデートの準備は以上となります。

なおアップデートにてエラーが発生した場合は、フォーラム・不具合報告にご報告ください。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

<<< 追記 ここまで

以前のバージョンからアップデートした場合、デフォルトではバックアップ機能が設定されません。バックアップ機能をご利用の場合はアップデート後、インストーラの「変更」から機能を有効にする必要があります。なお、Personalライセンスをお使いのユーザー様はバックアップをご利用いただけません。有償のPersonal Plusライセンスでの対応となります。

★1.5.0βバージョンをお使いのユーザー様へ
アップデートについては旧バージョンからの注意と同様となります。
1.5.0βバージョンからアップデートする場合、正常にアップデートするには必ず「VVAULTVirtualDriveService」を手動にて停止してからアップデートを実行する必要があります。停止せずにアップデートした場合、インストール状態が不正となり問題が発生します。
なお「VVAULTDatabaseService」は停止しないでください。

Windows Home Server 2011(以下、WHS2011)のダッシュボードアドインをインストールされているユーザー様は、2.0をインストールまたはアップデートした場合でもそのままお使いいただくことも可能ですが、ダウンロードページからダウンロードしたアドインをインストールする場合は、一度アンインストールを実施してからインストールください。なお、機能には違いがありません。

現在、Windows Small Business Server 2011 Essentials(以下、WSBS2011e)にダッシュボードアドインをインストールするとエラーが発生してインストールできません。WSBS2011e対応バージョンは今後のアップデートにより対応します。

また、1.5.0βバージョンをWHS2011、WSBS2011e以外でお使いのユーザー様は、2.0アップデート後に仮想ドライブが固定ドライブからリムーバブルドライブに変更となりますので注意が必要です。

バックアップ、リカバリーについては今後ブログに記事を掲載していく予定です。

以上となりますが、何か不明な点があればフォーラムまでお願いします。

ではでは。

Windows Home Server 2011 完全対応への道のり 第2歩

カテゴリー: テックレポート | タグ: , | コメントは受け付けていません。

皆様こんにちは
VVAULTスタッフのhfです。

前回のレポートからかなり間が空いてますが・・・ブログはサボってましたが開発はサボってませんので悪しからず。

今回は待望?のWindows Home Server 2011 ダッシュボード対応版のβバージョンを公開します。
下記の注意点をご確認の上、お試しください。

βバージョンをご利用いただく場合の注意点
・本βは事前評価目的のためのリリースです。安定動作を希望される場合はインストールしないでください。
・本βの対象OSはWindows Home Server 2011です。他OS上での動作については未検証ですので、自己責任でご利用ください。
・既存バージョンから本βへの移行、及び本βから他バージョンへの移行についてはサポート致しかねますので、それぞれクリーンインストールを推奨致します。
・レポート、要望、不具合等についてはカスタマーズ・スクエアのフォーラムの専用トピックにご報告ください。

(続きを読む…)

「第1回VVAULTチャレンジ」表彰式

カテゴリー: スペシャル | タグ: | 1件のコメント

皆様こんにちは。VVAULTスタッフのhfです。

まず「第1回VVAULTチャレンジ」に参加くださった皆様、本当にありがとうございます。
参加者のチャレンジを讃えここに感謝の意を表します。
当社としても初めての試みで多少不安がありましたが、多数とはいかないまでも無事応募があり、またチャレンジの内容は素晴らしく目を見張るものがあったかと思います。

いやー、正直締切2時間前でエントリー1件だったときは、“この企画失敗したかな!”と思ってしまいましたよ。そんな中5月15日の22~23時台は熱かった!エントリー5件中4件がこの時間帯を狙ってこられました。

それでは早速、表彰に移りたいと思います。

(続きを読む…)

Windows Home Server 2011 完全対応への道のり 第1歩

カテゴリー: テックレポート, パーソナルユース | タグ: , | コメントは受け付けていません。

皆様こんにちは
VVAULTスタッフのhfです。

4/27のリリース1.0.2にて、Windows Home Server 2011(以下、WHS2011)へのVVAULTのインストールおよびPersonalライセンスへの対応を行いました。(ダウンロードはこちら
このリリースによって、近日発売となるWHS2011上でもVVAULT Personalでストレージ数無制限に利用することができます。

(続きを読む…)

「第1回 VVAULTチャレンジ」開催のお知らせ

カテゴリー: スペシャル | タグ: | 7件のコメント

皆様こんにちは。VVAULTスタッフのhfです。

「VVAULT」は2011年3月3日のリリース後7,500ダウンロードを達成し、当初想定していた以上のユーザにご利用いただいております。そこでオレガでは、ゴールデンウィーク期間を利用して「VVAULT」の性能を体感していただくためのキャンペーンとして、ユーザが巨大仮想ドライブ作成を競う「第1回VVAULTチャレンジ」を開催することと致しました。キャンペーンの詳細は以下のとおりです。

■ キャンペーン概要
GWに巨大仮想ドライブを作って豪華賞品GET!「第1回VVAULTチャレンジ」

■ 応募期間
2011年4月27日水曜日10:00 ~ 2011年5月15日日曜日24:00まで

■ 賞品

1. 最多階層化チャレンジ賞
最も多くのストレージ階層を持つ仮想ドライブを構築した方1名に、「最多階層化チャレンジ賞」として高速SSD「Intel SSD 320 Series 2.5inch MLC 9.5mm 300GB」をプレゼントいたします。

2. 最大容量チャレンジ賞
最も容量の大きい仮想ドライブを構築した方1名に、「最大容量チャレンジ賞」として大容量NAS「I-O DATA RAID0/1対応 ギガビットLAN&USB2.0接続対応ハードディスク4.0TB HDL2-S4.0」をプレゼントいたします。

3. ユニーク賞
VVAULTスタッフを唸らせる仮想ドライブを構築した方5名に、「ユニーク賞」として2.5インチ&3.5インチIDE&SATA-USB3.0接続変換アダプター「裸族の頭 USB3.0」を、またちょっとお笑いが入っている仮想ドライブを構築した方5名には、同じく3.5インチHDDを最大6台まで収納可能なHDDスタンド「裸族の長屋」をプレゼントいたします。

応募方法はこちらから。

(続きを読む…)

VVAULTの構成ストレージにRAMディスクを追加してみた

カテゴリー: テックレポート | タグ: | コメントは受け付けていません。

皆様こんにちは
VVAUULTスタッフのhfです。
今回は、VVAULTの最速ドライブにRAMディスクを使ってみようというお話。
RAMディスクは電源が消失したり、予期せぬシャットダウンが発生するとデータが消えてしまうというデメリットがありますが、速度は最速なはず。ということでチャレンジしてみました。

詳細は続きからどうぞ

(続きを読む…)