Windows Home Server 2011にVVAULTをインストール

カテゴリー: テックレポート   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

皆さんこんにちは。
VVAULTスタッフのhfです。

MSDNサブスクライバダウンロードからWindows Home Server 2011が入手可能となりましたので、さっそくVVAULTのインストールを試してみました。
なお、デフォルトの状態ではインストールに失敗します。

2011/04/27 追記
version 1.0.2より、Windows Home Server 2011へのインストールおよびPersonalライセンスでの利用に対応しました。ただし、ダッシュボードへの統合については現在非対応です。フォルダを共有する場合は、通常の管理ツールから設定ください。

解決方法は続きに


インストールに必要となる作業は、「スタート」>「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「管理ツール」から「ローカル セキュリティ ポリシー」をクリックします。

ウィンドウが表示されたら、ツリーメニューから「ローカル ポリシー」の「ユーザー権利の割り当て」を選択します。次に右側の一覧から「ローカルログオンを許可」を選択してプロパティを開きます。ここにデフォルトだと“Users”グループが設定されてませんので、追加します。

この設定で、VVAULTをインストールすることができるようになります。

実際にUSBディスクを接続して設定してみた感じは以下の画像。2TBの外付USBハードディスクを“C:\Storage\01”にマウント。そのフォルダをVVAULTの構成ストレージとして指定しています。構成ストレージを増やした場合にドライブレターが沢山表示されるのが煩わしいので、この方法が有効。

インストールを除けば、一応問題なく使えるみたいですね。

しかし・・・

現状Personalライセンスを登録しようとすると、チェックで怒られます。これはWindow Home Server 2011 がWindows Server 2008 R2をベースとしてますので、VVAULTでもサーバOSとして認識していることが原因です。

Windows Home Server 2011の扱いをどうするかは現状未決定ですが、できるだけユーザーの声には応えたいと思ってますので、twitter等で熱いご要望ください!

それでは、また。

コメントは受け付けていません。