3.1.1 2012年8月21日 - メンテナンスアップデート

UPDATE ハンドルリークの不具合を修正しました。
UPDATE ユーザ・グループ情報がバックアップできない不具合によりシステムリカバリ時にセキュリティ情報が正常に復元できない問題を修正しました。
UPDATE サービス(VirtualDriveService)再起動を行った際、システムリカバリが再実行されていなかった不具合を修正しました。
UPDATE アップデート時に、一部のデータベースサービスが起動していない場合にアップデートが失敗し、データベースの整合性が不正になる不具合を修正しました。
UPDATE 一部状況で、機能追加時に設定ファイルが正しく更新されず、サービスが動作しなくなる不具合を修正しました。
UPDATE 仮想ドライブの一部設定ファイルで変更しても反映されなかった不具合を修正しました。
UPDATE Windows Small Business Server 2011及び、Windows Home Server 2011にて、新規インストール時の初期ディスクタイプが固定ディスク(ごみ箱あり)となるように修正しました。
UPDATE 「ライブリカバリ」「ストレージリカバリ」「復元実行」で接続エラーが発生している際の処理を改善しました。
UPDATE クラウドバックアップ設定画面にて、バックアップサーバURLを空白のまま保存できるように仕様変更しました。
UPDATE データが存在するクラウドバックアップサーバに新規接続した際、仮想ドライブにも既にコンテンツが存在する場合はシステムリカバリが実行不可となるように仕様変更しました。
UPDATE ログに出力される内容を調整しました。
ETC Windows XPのサポートはVVAULT 3.1.1で終了いたします。

3.1.0 2012年7月11日 - マイナーアップデート

NEW 仮想ドライブ設定のディスクタイプに「固定ディスク(ごみ箱あり)」を追加しました。
NEW バックアップ時の整合性の確認を強化しました。
NEW Windows8(Release Preview)/Windows Server 2012(Release Candidate)に対応しました。
NEW ファイル・フォルダの削除とACL変更時の速度を改善しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました。
UPDATE ティアリングで同じ優先順位のストレージが2つ以上存在した場合、ファイルが同じ優先順位のストレージ間で行き来していた不具合を修正しました。
UPDATE 保留ファイルに対し「復元せずに削除」を実行した際、構成ストレージにファイルが存在する場合は保留ファイル一覧から削除し、存在しない場合は不整合ファイルとして扱うように変更しました。
UPDATE ストレージ接続エラーの場合、バッファサイズとVVAULT使用容量を正しく計算するように修正しました。
UPDATE 一部のライセンスにおいて、クラウドバックアップ機能内のライセンス期限日が更新されない不具合を修正しました。
UPDATE システムリカバリ時に容量不足が解消された際のレポートメールに、障害解消時刻が記載されていなかった不具合を修正しました。
UPDATE クラウドバックアップで発生するバックアップデータ初期化エラーのイベントログレベルを「警告」に変更しました。
UPDATE システムリカバリモード移行処理において、仮想ドライブのボリュームラベルが「VVAULT」で上書きされていない不具合を修正しました。
UPDATE 仮想ドライブとライブバックアップのストレージを追加画面において、現在選択しているストレージの種類が初期表示されるよう変更しました。
UPDATE クラウドバックアップにて、バックアップデータの初期化中に新規接続及び、システムリカバリの実行を受け付けないように変更しました。
UPDATE クラウドバックアップ設定にて重複登録時に表示されるエラーメッセージを修正しました。
UPDATE ライブバックアップおよびバックアップサーバ機能内のストレージ追加画面において、ネットワークストレージへの接続:ユーザ名の項目に未入力の場合に「PC名(またはドメイン名)\ユーザ名」と表示するように変更しました。
UPDATE システムリカバリが待機中(仮想ドライブの容量が不足している場合)は、仮想ドライブアイコンにエラーアイコンを表示するように変更しました。
UPDATE ローカルバックアップにて発生する初期化エラーのステータスを「警告」に変更しました。
UPDATE ネットワークストレージのストレージ設定画面にて、「パスワードを表示」をチェックした状態でパスワードの変更ができない不具合を修正しました。
UPDATE システムリカバリモードの際は、バックアップを「ON」にできないよう修正しました。
UPDATE WCFの同時アクセス受付数を16から32に変更しました。
UPDATE クラウドバックアップにおいて、バックアップサーバとクライアントのシステム時計誤差許容範囲を5分から1時間に変更しました。
UPDATE クラウドバックアップデータを使用したシステムリカバリを実行すると、クラウドバックアップがONになる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドバックアップサーバAPIバージョン不一致エラーが、障害・警告としてカウントされない不具合を修正しました。
UPDATE クラウドバックアップデータを使用したシステムリカバリの実行中に仮想ドライブの空き容量が不足した際、ストレージ設定画面のバッファサイズがマイナス値になる不具合を修正しました。
UPDATE バックアップストレージの制限数を超過して追加した際に、ログにエラーが出力されるよう修正しました。
UPDATE レポートメールのポート番号入力欄の幅をInternet Explorer7、8、9で正しく表示する様に修正しました。
UPDATE 時間帯指定した状態でクラウドバックアップをONにした直後監視処理が動作するまでの間(最長1分間)、バックアップが実行されてしまう不具合を修正しました。
UPDATE ブラウザの幅を小さくした際に、グローバルタブが折り返されてしまう不具合を修正しました。
UPDATE インストーラの文面を一部修正しました。
ETC Windows XPのサポートはVVAULT 3.x系で終了いたします(予告)。

3.0.2 2012年5月16日 - メンテナンスアップデート

UPDATE フォルダの作成ができないバックアップストレージが1つでも存在すると、バックアップが止まってしまう不具合を修正しました。
UPDATE ストレージの空き容量が0になると、接続不良として認識されてしまう不具合を修正しました。
UPDATE 高負荷状態で仮想ドライブがロックしてしまう問題に対応しました。
UPDATE 取り込み、取り外し処理の終了後にティアリングが再開されない不具合を修正しました。
UPDATE 取り外しデータの退避先に警告状態のストレージが含まれない問題に対応しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました。
UPDATE システムリカバリ実行時の空き容量チェックで、取り外しエラーのストレージが含まれていなかった不具合を修正しました。
UPDATE システムリカバリ時にボリュームラベルが初期化されない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE バッファ領域を確保できないストレージが1つでも存在すると、仮想ドライブ設定画面の容量グラフが正しく表示されない不具合を修正しました。
UPDATE バッファ領域を確保できない場合、ディスク使用量のバッファサイズ値は現在確保できている数値を表示するように変更しました。
UPDATE ディスク使用量グラフにて、バッファが赤くなった際に凡例アイコンが赤くならない不具合を修正しました。
UPDATE 管理画面にて入力必須項目に*印を付けるように変更しました。
UPDATE 管理画面の「ディスク使用量の遷移」→「ディスク使用量の推移」に文言変更しました。

3.0.1 2012年4月26日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 固定ディスクとしてマウントした場合に他のストレージでVSS機能が利用できなくなる不具合に対応しました。
UPDATE 固定ディスクとしてマウントした場合のファイルシステム名を「NTFS」→「VVAULT」に仕様変更しました。(WHS2011、SBS2011Eを除く)
UPDATE OSアカウント情報のバックアップ内容(UserInfoBackup.txt)に所属グループ情報を含めるように修正しました。
UPDATE 一部の警告メールが毎分送信され続けてしまう不具合を修正しました。
UPDATE 使用容量がバッファ領域に差し掛かった場合、仮想ドライブの空き容量がマイナスになってしまう不具合を修正しました。
UPDATE 集計タイミングによってVVAULT使用容量がマイナスになってしまう場合がある不具合を修正しました。
UPDATE 初期バックアップ開始中に、仮想ドライブで新しく作成されたコンテンツがバックアップされない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE クラウドバックアップからのシステムリカバリ中に、クライアント側のサービスを再起動すると、システムリカバリが再開できない不具合を修正しました。
UPDATE ライブリカバリ設定および不整合ファイル一覧画面にて、操作ボタン押下後ライブバックアップをONにするとログイン画面に遷移してしまう不具合を修正しました。
UPDATE システムリカバリモードへの移行時に取り込みが実行されていた場合、取り込み処理を中断するように修正しました。
UPDATE バックアップサーバがONの状態でサーバ証明書をアンインストールした場合、正しくサービスが終了されなかった不具合を修正しました。
UPDATE 空き容量が無い状態でシステムリカバリを実行した場合、警告ダイアログを表示するように修正しました。
UPDATE システムリカバリモードへの移行時に、ローカルバックアップデータの初期化が実行中またはエラー終了の場合、警告ダイアログを表示するように修正しました。
UPDATE 障害・警告画面に表示されるメッセージのリンクが一部不正となっていたのを修正しました。
UPDATE バックアップサーバのサービス設定画面にて、ポートの入力値チェックが正しく行われなかった不具合を修正しました。
UPDATE バックアップの時間帯指定で、開始と終了に同時刻が設定できてしまう不具合を修正しました。
UPDATE クラウドバックアップ設定画面に表示される警告メッセージを一部修正しました。

3.0.0 2012年4月2日 - メジャーアップデート

NEW バックアップサーバ機能を追加しました。
NEW クラウドバックアップ機能を追加しました。
NEW ライブリカバリ機能がクラウドバックアップに対応しました。
NEW ストレージリカバリ機能がクラウドバックアップに対応しました。
NEW システムリカバリ機能がクラウドバックアップに対応しました。
NEW バックアップストレージ使用容量制限機能を追加しました。
NEW バックアップデータの初期化機能を追加しました。
NEW 管理画面のデザインを変更しました。
NEW VVAULT License 3.0に対応しました。
NEW システムの障害警告メッセージをWindowsイベントログにも出力するように変更しました。
NEW インストール時に仮想ドライブのDB保存先を指定できるように変更しました。
NEW NFS接続の構成ストレージに対応しました。(一部制限あり)
UPDATE 高負荷状態で仮想ドライブがロックしてしまう問題に対応しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバをアップデートしました。
UPDATE 仮想ドライブの操作タイムアウト値を1分→5分に変更しました。
UPDATE システムログのファイル出力設定をプライバシーモードに変更しました。
  • マイナンバー制度に対応したセキュリティ対策はお済みですか?
  • VVAULTサーバー運用管理代行サービス「VVAULT Managed Service」
  • 「Vマイグレーション」で簡単・確実なサーバー移行
  • VVAULT クラウドバックアップサービス ー自動バックアップ・ランサムウェア対策にー
  • VVAULT BOX
  • サーバー・ストレージお役立ちコラム
© 2021 Soliton Systems K.K.