4.5.3 2013年6月17日 - メンテナンスアップデート

UPDATE アンインストール時にVVAULTUserアカウントが残ってしまう不具合を修正しました。
UPDATE VVAULT 4.2.2以前のバージョンからアップデートした環境において、既存のDBデータを利用したインストールができない問題に対応しました。

4.5.2 2013年6月7日 - メンテナンスアップデート

UPDATE ストレージ間のファイル移動処理において移動先に同名ファイルが存在していた場合、上書きされず追記してしまう不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ先に同名コンテンツが存在するとバックアップが止まってしまう不具合を修正しました。
UPDATE バックアップストレージの強制取り外しで、再バックアップ対象となったファイルを仮想ドライブ上で削除するとバックアップが止まってしまう不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ処理中にバックアップを「OFF」にし、中断されたファイルを仮想ドライブ上で削除するとバックアップが止まってしまう不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ「ON」の状態では仮想ドライブを構成する最後のストレージを取り外せないよう仕様変更しました。
UPDATE 内部で使用しているネットワーク通信の同時接続数上限値を「2」→「CPUコア数×12」に変更しました。
ETC 4.2.0で適用されたライブバックアップ高速化処理に問題があったため、設定を無効化しました。
※本バージョンにアップデートできない方はナレッジベース「バックアップが進まない」の設定手順を参考にライブバックアップ高速化処理を無効にしてください。

4.5.1 2013年4月24日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 高負荷状態にて仮想ドライブサービスが異常終了する不具合を修正しました。
UPDATE 仮想ドライブサービスのメモリリーク不具合を修正しました。
UPDATE VVAULT 4.2.2以前からのアップデートに伴う、VVAULT License 4.5へのライセンス変更のチェックを強化しました。

4.5.0 2013年4月17日 - マイナーアップデート

NEW 仮想ドライブのパフォーマンスを改善しました。
NEW クラウドバックアップおよびライセンス認証をウェブプロキシ経由で行えるようにしました。
NEW VVAULT License 4.5に対応しました。
NEW アップデート時に、VVAULT License 4.5で追加されたBasicライセンスの制限についてのチェックを行うようにしました。
NEW インストーラにて既存のDBデータを再利用できるように対応しました(同一バージョンに限る)。
UPDATE 連続的なファイル操作において稀にロックの競合が発生してしまう問題を改善しました。
UPDATE 仮想ドライブで削除されたコンテンツがバックアップ側に反映されない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE ディスクタイプの変更を、仮想ドライブの再マウントのみで適用できるように修正しました。

4.2.2 2013年4月3日 - メンテナンスアップデート

UPDATE Windows 8/ Windows Server 2012/ Windows Storage Server 2012にて「固定ディスク」でマウントされている状態で仮想ドライブの全体容量を変更した場合、diskpart rescanコマンドによって仮想ドライブがアンマウントされてしまう問題に対応しました。

4.2.1 2013年3月14日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 管理対象パスにジャンクション機能を使ったフォルダパスを指定していると、正しいストレージの容量が取得できなくなる不具合を修正しました。

4.2.0 2013年3月6日 - マイナーアップデート

NEW クイックマイグレーション機能を追加しました。
NEW 仮想ドライブおよびバックアップドライブに容量制限機能を追加しました。
NEW VVAULT License 4.2に対応しました。
NEW ライブバックアップの速度を改善しました。
NEW 管理画面の応答速度を改善しました。
UPDATE 仮想ドライブのドライバーをアップデートしました。
UPDATE タイムマシーンの復元先に「ドライブ文字列」を含めて実行すると、仮想ドライブがフォーマットされてしまう不具合を修正しました。
UPDATE 一部のファイルでバックアップが失敗してしまう不具合を修正しました。
UPDATE クラウドバックアップにおいて、バックアップサーバから取得したサーバ情報が破損していると、VirtualDriveServiceが起動できなくなる問題に対応しました。
UPDATE 一度インストールに失敗してしまうと、そのマシンに対して再インストールができなくなる不具合を修正しました。
UPDATE インストール時に作成する「VVAULTUser」アカウントを、Usersグループに所属しないよう仕様変更しました。
UPDATE ライブリカバリ中にサービスを再起動すると、ライブリカバリが再開されないままとなる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドバックアップの設定を初期化した際に、保留ファイルのレコードが残ってしまう不具合を修正しました。
UPDATE 構成ストレージとして追加された共有フォルダにおいて、接続エラーの状態が解消されなくなってしまう不具合を修正しました。
UPDATE 複数のストレージで強制取り外しを実行した場合、後から実行したものが通常の取り外しになってしまう不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ不整合ファイル救済処理にて、実体ファイルが存在しない場合は保留ファイルになるように修正しました。
UPDATE 本バージョンへのアップデートインストール時に、バックアップ不整合ファイル救済処理を実行するように修正しました。
ETC 製品マニュアルを改訂の上、「インストール」「仮想ドライブ設定」「バックアップ・リカバリ設定」「データ移行」の4つに分割しました。

4.1.1 2012年12月5日 - メンテナンスアップデート

NEW 仮想ドライブのセキュリティを強化しました。
UPDATE 取り込み時に、読み取り専用属性のファイルを取り込めるように仕様変更しました。
UPDATE 仮想ドライブ上の共有フォルダにSYSTEM権限が付与されていない場合でもアクセスできるよう仕様変更しました。
UPDATE 管理者権限のあるユーザがAdministratorsグループが設定されたフォルダにアクセスできるよう仕様変更しました。
UPDATE サービス起動時にバックアップジョブが設定を無視して実行される不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーン機能で復元の際に設定する「復元先パス」のバリデーションを強化しました。
UPDATE タイムマシーン機能を使用した際、バックアップサーバの空き容量が正しく表示されない不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーン機能を停止した際、ファイルの作成日時に誤差が発生する不具合を修正しました。
UPDATE バックアップコンテンツの整合性確認でミリ秒単位での比較が無視されていた不具合を修正しました。
UPDATE バックアップサーバへの接続エラーが発生しタイムアウトした場合、タイムアウトが継続中にも関わらず、バックアップサーバへの接続エラーが解消した旨のレポートメールが送信される不具合を修正しました。
UPDATE バックアップサーバを初期化した際、バックアップサーバの監視ジョブが停止する不具合を修正しました。
UPDATE バックアップのタイミングにより正常にバックアップできない不具合を修正しました。
UPDATE 取り外しを実行した際、各バックアップストレージの空き容量にVVAULTで使用する容量(100MB)が含まれる不具合を修正しました。
UPDATE 正常にアクセスしたことのあるフォルダに対し、以降のアクセス時にセキュリティチェックを迂回する不具合を修正しました。

4.1.0 2012年11月15日 - マイナーアップデート

NEW バックアップの速度を改善しました。
NEW システムリカバリの速度を改善しました。
NEW クライアントとバックアップサーバー間の接続性を改善しました。
UPDATE タイムマシーンの復元処理で、復元先に既に同一ファイルが存在している場合はエラーとなるよう仕様変更しました。
UPDATE 4.1.0へのバージョンアップ以降に追加された構成ストレージの管理フォルダに対して隠し属性化及びアクセス制限(ローカルハードディスクのみ)をするように仕様変更しました。
UPDATE バックアップを実行する際、[対象のファイルサイズ+100MB]以上の空き容量が無いバックアップストレージへの処理が実行されないよう仕様変更しました。
UPDATE 空き容量が100MB未満のストレージは、バックアップストレージとして追加できないよう仕様変更しました。
UPDATE 構成ストレージを追加する際に、既存データの取り込みを行わないよう仕様変更しました。
UPDATE 管理画面に表示するサイズの最小単位を「KB」に変更しました。
UPDATE クラウドバックアップの設定画面にて、パスワード、及びポート番号入力欄に入力されている値を削除できない不具合を修正しました。
UPDATE システムリカバリ時にティアリングの一部設定がリカバリされない不具合を修正しました。
UPDATE システムリカバリ中にクラウドバックアップを「ON」にできない不具合を修正しました。
UPDATE システムリカバリ中にタイムマシーンの復元処理が実行されない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーンの復元処理で、複数の実行待機処理がある場合に強制終了すると、レポートメールが待機処理数を超えて送信される不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーンの復元処理を強制終了した際、実際に強制終了が実行されるまでのタイムラグが生じる不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーンの復元処理で、復元先パスの長さが超過していた場合、正常に処理が終了しない不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーン機能にて、保存期間外のアーカイブ削除に失敗した際、削除処理が停止する不具合を修正しました。
UPDATE ライセンスをダウングレードする際、「クラウドバックアップデータ保存可能日数」に対してのライセンスチェックが正常に動作しない不具合を修正しました。
UPDATE 仮想ドライブをマウントする際にリトライが発生した場合、仮想ドライブが複数マウントされる不具合を修正しました。

4.0.0 2012年10月3日 - メジャーアップデート

NEW タイムマシーン機能を追加しました。
NEW VVAULT License 4.0に対応しました。
NEW バックアップ設定画面にオプション項目(フィルター)を追加しました。
UPDATE ライブバックアップ機能のパフォーマンスを改善しました。
UPDATE 接続エラーストレージが存在する状態で、フォルダの名称変更(または移動)を行うと、フォルダ内コンテンツが不整合状態となってしまう不具合を修正しました。
UPDATE 不正な容量チェックによりクラウドバックアップが起動できない不具合に対応しました。
UPDATE 取り込み時に生成されるルート直下のフォルダ(ストレージ名)にアクセスできなくなる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドバックアップの設定状況がサービスポリシーに違反している場合、通知メールを送信し、イベントログを出力するよう仕様変更しました。
UPDATE バックアップサーバにて最後のバックアップストレージを取り外して再追加を行うと、一部のデータがバックアップされなくなる不具合を修正しました。
UPDATE システム動作環境を改定しました。
  • マイナンバー制度に対応したセキュリティ対策はお済みですか?
  • VVAULTサーバー運用管理代行サービス「VVAULT Managed Service」
  • 「Vマイグレーション」で簡単・確実なサーバー移行
  • VVAULT クラウドバックアップサービス ー自動バックアップ・ランサムウェア対策にー
  • VVAULT BOX
  • サーバー・ストレージお役立ちコラム
© 2021 Soliton Systems K.K.