6.4.1 2014年6月3日 - メンテナンスアップデート

UPDATE バックアップまたはレプリケーションを使用している環境において、VVAULT 6.0.0より前のバージョンから正常にアップデートできない問題に対応しました。

6.4.0 2014年5月28日 - マイナーアップデート

NEW マスタドライブ用の構成ストレージとして、IDCフロンティア オブジェクトストレージサービスに対応しました。
NEW レプリカドライブ用の構成ストレージとして、IDCフロンティア オブジェクトストレージサービスに対応しました。
NEW バックアップ用の構成ストレージとして、IDCフロンティア オブジェクトストレージサービスに対応しました。
NEW 動作モードにコンカレントモード(β版)を追加しました。
UPDATE クラウド接続情報変更時にクラウドストレージへの接続チェックが行われていない不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーン機能が有効な状態で構成ストレージの強制取り外しを行うと、復元データが0KBで上書きされてしまう不具合を修正しました。
UPDATE ティアリングでコンテンツの移動に失敗した場合、次の移動処理が行われない不具合を修正しました。
UPDATE マスタモードでアーカイブが存在した場合、強制取り外しがエラーになる不具合を修正しました。
UPDATE マスタドライブに追加したクラウドストレージが取り外しエラー状態になると、取り外しができなくなる不具合を修正しました。
UPDATE レプリカドライブからの構成ストレージの取り外し、強制取り外し処理にて、アーカイブを移動する際に移動先ストレージのバッファサイズを考慮していない不具合を修正しました。
UPDATE 警告・障害情報にて、レプリカドライブのクラウドストレージに関するエラーのリンク先が不正なものになっていた不具合を修正しました。
UPDATE VVAULT 6.3.0へアップデート後、再アクティベーションが必要になる不具合を修正しました。

6.3.0 2014年4月23日 - マイナーアップデート

NEW マスタドライブ用の構成ストレージとして、ニフティクラウドストレージに対応しました。
NEW レプリカドライブ用の構成ストレージとして、ニフティクラウドストレージに対応しました。
NEW バックアップ用の構成ストレージとして、ニフティクラウドストレージに対応しました。
UPDATE クラウドストレージから通常ストレージに20MBを超えるファイルが復元された直後に、ティアリングによりクラウドストレージを含む下位ストレージへ移動してしまう問題を改善しました。
UPDATE クイックマイグレーションで「移行先フォルダ名」に半角スペースを入力し実行すると、マスタドライブ上でそのフォルダを削除できなくなる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージへ分割ファイルを保存する際、重複排除分のサイズが「その他使用量」に表示されてしまう不具合を修正しました。
UPDATE サーバ証明書タブの証明書の有効範囲のレイアウトを修正しました。
UPDATE サービス起動時にレプリカドライブへの接続がエラーとなっている状態でストレージリカバリを行った場合、接続チェックがされずにタイムアウトするまで実行されない不具合を修正しました。
UPDATE ストレージの容量制限に総容量以上の値を設定できてしまう不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーン機能が有効な状態でレプリケーション先のレプリカドライブをマスタモードに切り替えた場合、構成ストレージの取り外しがエラーになることがある不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ及びレプリケーションの不整合修復が失敗した際、イベントログに出力されない不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ用構成ストレージに「Cloudn Object Storage」を使用している場合、タイムマシーン機能によりアーカイブが作成されると「使用状況」のグラフが不正な状態になる不具合を修正しました。
UPDATE マスタドライブ及びレプリカドライブにてクラウドストレージを追加/更新した際、ライセンスチェックが正常に動作しない不具合を修正しました。
UPDATE マスタドライブのローカルストレージにて、使用量が容量制限値の80%を超えても警告状態にならない不具合を修正しました。
UPDATE レプリカドライブでバックアップを構成している場合、保存期間が過ぎてもタイムマシーンのアーカイブが削除されない不具合を修正しました。
UPDATE ログイン直後に、ストレージ追加ボタンからストレージを追加するとログイン画面に戻る不具合を修正しました。
UPDATE 一部の状況で、前回のバックアップ及びレプリケーション日時が不正な状態で表示されてしまう不具合を修正しました。
ETC Windows XPのサポートはVVAULT 6.2.0で終了いたしました。

6.2.0 2014年3月20日 - マイナーアップデート

NEW マスタドライブ用の構成ストレージとして、Amazon S3に対応しました。
NEW マスタドライブ用の構成ストレージとして、Cloudn Object Storageに対応しました。
NEW レプリカドライブ用の構成ストレージとして、Amazon S3に対応しました。
NEW レプリカドライブ用の構成ストレージとして、Cloudn Object Storageに対応しました。
NEW クラウドストレージのキャッシュパス変更に対応しました。
UPDATE キャッシュ使用量の推移グラフにて、当日の最大使用量が正しく表示されない不具合を修正しました。

6.1.2 2014年2月26日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 共有設定同期を実行した際、レプリケーションされた共有設定情報が正しく適用されない不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージにてデータ転送量のログが肥大化してしまう不具合を修正しました。
UPDATE インストール時のDBデータフォルダ選択画面において一部の文言を修正しました。

6.1.1 2014年2月13日 - メンテナンスアップデート

UPDATE インスタンス初期化を実行すると一部のジョブが停止したままとなり、マスタドライブの使用量集計に時間がかかってしまう不具合を修正しました。
UPDATE キャッシュ使用量の推移グラフにて、当日の最大使用量が正しく表示されない不具合を修正しました。

6.1.0 2014年1月17日 - マイナーアップデート

NEW バックアップ用の構成ストレージとして、Cloudn Object Storageに対応しました。
NEW プロキシサーバー経由でのクラウドストレージへの接続に対応しました。
UPDATE VVAULTのサーバー証明書をインストールした環境において、Windowsのシステムファイルが増え続けてしまう不具合を修正しました。
UPDATE VVAULT 6.0.xにて、レプリケーションのタイムマシーン機能を有効にすると不整合なデータが作成されてしまう不具合を修正しました。
UPDATE ネットワークストレージ設定において、接続パスワードが暗号化して保存されない不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージを取り外した際、クラウドサービス上にデータが残るよう仕様変更しました。
UPDATE クラウドストレージの設定変更がVVAULTサービスを再起動させるまで有効にならない不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージに大量コンテンツをバックアップすると、キャッシュストレージの容量制限値が変更できなくなる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージからのライブリカバリ処理において、HTTPプロトコルが固定で使用される不具合を修正しました。
UPDATE キャッシュストレージへの書き込みに失敗した際、キャッシュの容量が正しく計算されない不具合を修正しました。
UPDATE レプリカモードからマスタモードへ変更すると、クラウドストレージからタイムマシーンデータを復元できなくなる不具合を修正しました。
UPDATE クラウドストレージからタイムマシーンデータを復元した際、データ転送量が正しく記録されない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE クラウドサービスへ転送中のファイルをマスタドライブ上で削除すると、不要な転送処理が残ってしまう不具合を修正しました。
UPDATE バックアップデータの初期化処理において、一部のデータが残ってしまう不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーション先のクラウドストレージからタイムマシーンデータを復元した際、キャッシュストレージに不要なデータが残ってしまう不具合を修正しました。
UPDATE IE9にて、クラウドストレージのデータ転送量がCSV出力できない不具合を修正しました。
UPDATE バックアップ画面にて、使用状況の推移グラフが正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE レプリケーション画面に表示される警告・障害情報の表示順を修正しました。

6.0.1 2013年12月18日 - メンテナンスアップデート

UPDATE 旧バージョンから6.0.0へアップデートした環境にて、バックアップの設定が不意に「OFF」となってしまう不具合を修正しました。
UPDATE ライブリカバリの対象がクラウドストレージに保存されていた場合、20MB以内のファイルであれば即時にファイルを開けるよう修正しました。
UPDATE 接続エラーとなったクラウドストレージが存在する場合、バックアップや取り外し処理がエラーとなってしまう場合がある不具合を修正しました。
UPDATE クラウドサービスへ転送中のファイルをマスタドライブ上で削除すると、バックアップが不正な状態となってしまう不具合を修正しました。
UPDATE タイムマシーン機能を有効から無効に切り替えた場合、キャッシュストレージ内に一部のタイムマシーンデータが残ってしまう不具合を修正しました。
UPDATE キャッシュストレージの設定保存時に、管理フォルダに対して不要な属性変更が実行される不具合を修正しました。
UPDATE キャッシュストレージ内の管理フォルダにアクセスできない場合、バックアップストレージの設定画面が正常に表示されない不具合を修正しました。
UPDATE キャッシュストレージのユーザ認証情報変更時に、接続チェックが行われていない不具合を修正しました。
UPDATE バックアップストレージ取り外しウィンドウにおいて、ステータスアイコンとメッセージが合致しない場合がある不具合を修正しました。
UPDATE 接続エラーとなっているクラウドストレージに対して取り外し処理を実行できてしまう不具合を修正しました。
UPDATE アップデートでのライセンスチェック処理にて、ストレージの全体容量を正しく取得できていなかった不具合を修正しました。

6.0.0 2013年12月6日 - メジャーアップデート

NEW バックアップドライブの構成ストレージ選択にAmazon S3を追加しました。
NEW VVAULT License 6.0に対応しました。
UPDATE クラウドストレージ対応に伴い、バックアップストレージの画面レイアウトを変更しました。
UPDATE 使用状況での推移グラフ表示を年単位→月単位に仕様変更しました。
UPDATE アップデート処理で設定ファイルが更新されない場合がある不具合を修正しました。
  • マイナンバー制度に対応したセキュリティ対策はお済みですか?
  • VVAULTサーバー運用管理代行サービス「VVAULT Managed Service」
  • 「Vマイグレーション」で簡単・確実なサーバー移行
  • VVAULT クラウドバックアップサービス ー自動バックアップ・ランサムウェア対策にー
  • VVAULT BOX
  • サーバー・ストレージお役立ちコラム
© 2021 Soliton Systems K.K.