1 インストール

1-1 インストール前の準備

動作環境の確認

CPU

Intel x86/x64 互換プロセッサ(Xeon E3 以上推奨)

対応OS

SERVER OS

Windows Server 2019(64bit)

Windows Server 2016(64bit)

Windows Server 2012 R2(64bit)

Windows Server 2012(64bit)


Windows Storage Server 2016(64bit)

Windows Storage Server 2012 R2(64bit)

Windows Storage Server 2012(64bit)

Windows Storage Server 2008 R2(64bit)

※ 2020年1月14日以降は Windows 7/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2 に対応しておりません。

メモリ

2GB以上 (4GB 以上推奨)

ディスク容量

システム領域 : 1GB以上の空き容量

インストール領域 : 500MB以上の空き容量

※DBデータ、アーカイブ保存先についてはログデータの保存量によるが最低1GB以上の空き容量

必要ソフトウェア

Microsoft .NET Framework 4.5

対応環境

ドメイン(ドメインコントローラー、ドメインメンバー)/ワークグループ



データの保存先について

本製品で使用するデータは下記の4つがあります。以下のワンポイントを参考に適切な保存先をご指定ください。



VVAULT AUDIT プログラムファイル保存先

本製品を構成するデータ群です。インストーラーのデフォルト設定では"C:¥Program Files¥VVAULT AUDIT"に保存されます。

VVAULT AUDIT DBデータ保存先

監査ログを保存するデータ領域です。ここに格納されたデータが「アクティブデータ」として各種検索の対象となります。

VVAULT AUDIT アーカイブ保存先

アクティブデータを圧縮しファイルとして保存する領域です。(アーカイブ保存先設定時のみ)

VVAULT AUDIT 一時ファイル保存先

DB登録前の監査ログデータが一時ファイルとして生成される領域です。これらのファイルはDB登録後に順次削除されていきますが、念のため十分に空き容量のあるディスクを指定してください。

ワンポイント

データベースおよびアーカイブの保存先を設計する際、目安値として参考にお考えください。

ユーザー数

種類

1週間の想定データ量

1年間(52週)の
想定データ量

100

DBデータサイズ

7GB

364GB

アーカイブサイズ

120MB

6.2GB

1000

DBデータサイズ

70GB

3.6TB

アーカイブサイズ

1.2GB

62GB




Windowsの監査設定について

本製品を利用するにはWindowsの監査設定が有効になっている必要があります。無効の場合は以下の手順で有効化してください。

手順解説

① コントロールパネルから「管理ツール」を開き、「ローカルセキュリティポリシー」をダブルクリックします。

audit-settings-1.png

② 左ツリーにある「監査ポリシーの詳細な構成>システム監査ポリシーから以下の2つを有効にします。

・オブジェクトアクセス > 詳細なファイル共有の監査 ※「成功」と「失敗」の両方を有効にする。

・ログオン/ログオフ > ログオンの監査 ※「成功」を有効にする。

audit-settings-2.png



Windowsイベントログ設定について

本製品は、Windowsイベントログを読み込んでデータベースへ登録する処理を一分間隔で行っております。

Windowsの初期設定では、このイベントログが20MBまでしか記録できないようになっており、もし、この一分の間に20MB以上のイベントログが記録されるような場合は、ログはローテートされ、データベースに登録できないイベントが発生してしまいます。

上記を回避するため、VVAULT AUDITでは、このイベントログのサイズを最低1GB以上に設定してもらうことを推奨しております。(ファイルサーバーの利用規模に応じて充分大きな値を設定してください)

またイベントログが上記サイズに達した際の挙動についても、正しくローテートされるよう「イベントを上書きしない(ログは手動で消去)」以外を設定してください。

手順解説

① コントロールパネルから「管理ツール」を開き、「イベントビューアー」をダブルクリックします。

eventlog-settings-1.png

② 左ツリーにある「Windowsログ > セキュリティ」を右クリックしてプロパティを開きます。

eventlog-settings-2.png

③ 最大ログサイズに1GB(1048576)以上を入力し、「イベントを上書きしない(ログは手動で消去)」以外を選択して「適用」ボタンをクリックします。

eventlog-settings-3.png

ご注意

イベントログのサイズは運用環境に合わせた最適な数値を設定してください。

「イベントを上書きしない(ログは手動で消去)」を設定した場合、ログが指定サイズになると、それ以上のイベントログは記録されないため、VVAULT AUDITのデータベースに登録できません。