5 データテーブルの管理

5-2 各部の役割と名称

データ管理画面は、VAビューアーの「ダッシュボードタブ > データ管理アイコン」で表示されます。

データ管理画面

layout_data_management.png

名称と役割

① 使用状況

アクティブデータ(DBデータ)保存先およびアーカイブ保存先のストレージ情報を表示します。

(アーカイブ保存先の表示は。アーカイブ機能有効時のみ)

※「その他」は対象ストレージの使用領域から、VVAULT AUDITでの使用サイズを差し引いた値です。

②[一括復元]ボタン

チェックボックスで選択したデータテーブルの一括復元を実行します。

③[設定]ボタン

ログデータ、アクセス検知データで共通のデータ管理設定ウィンドウを表示します。

データテーブル

④ 期間

保存されているログの期間を表示します。

⑤ 状態

以下のいずれかが表示されます。

[検索可能]……データテーブルがDBデータ内に存在し、検索可能であることを示します。

[削除済み]……データテーブルがDBデータから削除され、検索不可であることを示します。アーカイブを復元することで「検索[可能」な状態に戻すことができます。

[復元中/復元エラー]……アーカイブ復元の実行状況を示します。

⑥ サイズ

DBデータ内で使用しているデータテーブルのサイズを表示します。

⑦[操作ボタン]

[削除]ボタン……復元済みのデータテーブルを削除し、「削除済み」の状態に戻します。アーカイブ作成中は実行できません。

[中止]ボタン……アーカイブの復元を中止します。

[アーカイブ]ボタン……データテーブルのアーカイブを作成します。すでにアーカイブされていたり、現在記録中のデータテーブルには実行できません。

⑧ チェックボックス

アーカイブを選択状態にします。

⑨ アーカイブ名

アーカイブ保存先に作成されたアーカイブファイル名を表示します。

⑩ サイズ

アーカイブファイルのサイズを表示します。

⑪ 状態

以下のいずれかが表示されます。

[復元不要]……DBデータ内にすでにデータテーブルが存在していることを示します。

[復元可能]…DBデータ内にデータテーブルが存在せず、アーカイブが復元可能であることを示します。

[復元中/復元エラー]……アーカイブ復元の実行状況を表します。

⑫[操作ボタン]

[復元]ボタン……アーカイブの復元を実行します。

設定ウィンドウ

名称と役割

DBデータ

① DBデータ保存先

設定されたDBデータ保存先パスを表示します。 ※変更できません

② DBデータ保存期間

DBデータに保存期間を指定します。 ※0を設定すると無期限となります。

③ データテーブル開始曜日

設定されデータテーブル開始曜日を表示します。 ※変更できません

④ DBへの登録処理

通常モード/低負荷モードから選択します。

低負荷モードは、DBへの登録処理を通常よりも遅延させることでファイルサーバーへの負荷を低減します。本製品インストール後、ファイルサーバーの動作が遅くなった場合は「低負荷モード」を指定してください。

アーカイブ

⑤ 自動アーカイブ

自動アーカイブの有効/無効を設定します。

⑥ ストレージの種類

ローカルストレージ/ネットワークストレージからストレージの種別を指定します。

⑦ アーカイブ保存先

アーカイブの保存先を設定します。本製品をインストールしたマシンから、エクスプローラー等で利用可能なパスを指定してください。

ローカルストレージの例:E:¥VVAULT_AUDIT¥Archives

ネットーワークストレージの例:¥¥192.168.10.133¥VVAULT_AUDIT_ARC

⑧[認証設定]ボタン

ネットワークストレージへの接続認証設定ウィンドウを表示します。

※ストレージの種類で「ネットワークストレージ」を選択した場合のみ表示されます。

⑨ アーカイブ自動削除

する/期間指定でする/しないからアーカイブを削除する条件を指定します。

CSV出力

⑩ 自動CSV出力

自動CSV出力の有効/無効を設定します。

⑪ ストレージの種類

ローカルストレージ/ネットワークストレージからストレージの種別を指定します。

⑫ CSV出力先

CSV出力先を設定します。本製品をインストールしたマシンから、エクスプローラー等で利用可能なパスを指定してください。

ローカルストレージの例:E:¥VVAULT_AUDIT¥CSVOutput

ネットーワークストレージの例:¥¥192.168.10.133¥VVAULT_AUDIT_CSV

⑬[認証設定]ボタン

ネットワークストレージへの接続認証設定ウィンドウを表示します。

※ストレージの種類で「ネットワークストレージ」を選択した場合のみ表示されます。

⑭ ステータス

CSV出力処理の状態を表示します。

⑮[手動実行]/[実行中止]ボタン

CSV出力の手動実行または実行中止を行います。

※ここで出力されるCSVファイルは別アプリで処理されることを想定しているので、文字コードをBOMなしのUTF-8にしています。このため、エクセル等で読み込んだ場合、文字化けして表示されます。

定期ジョブ実行

⑯ 実行時刻

定期ジョブの実行時刻を指定します。

⑰[決定]ボタン

設定されている設定値を保存します。

⑱[キャンセル]ボタン

設定値を保存せず、ウィンドウを閉じます。