1 インストール

1-2 インストールの手順

本製品のインストーラーを製品サイト (http://vvault.jp/download/)からダウンロードし、実行してください。

Microsoft .NET Framework 4.5について

インストール手順①でインストーラーを実行した際、「Microsoft .NET Framework 4.5」がインストールされていない環境では、以下の画面が表示されます。本製品の動作に必要なソフトウェアの為、ウィザードに従ってインストールしてください。

※インストール後は再起動が必要になる場合があります。

install_dotnet_01.png

install_dotnet_02.png

尚、ネットワークに接続できない環境でのご利用の場合は、以下のURLより別途インストーラーをダウンロードして、インストールしてください。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30653

手順解説

① 本製品の最新版のインストーラーを実行します。

install_01.png

ご注意

UACが有効の場合、インストーラーは管理者権限で実行してください。
またドメインメンバーのコンピューターにインストールする場合は、ローカルの管理者アカウントでログインしてから実行してください。

② インストーラーのウィザード開始画面にて「次へ」ボタンをクリックします。

install_02.png

③ 使用許諾契約を確認後、「使用許諾契約の全条項に同意します(A)」を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

install_03.png

④ インストールのモード選択画面にて「通常のインストール」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

install-normal.png

⑤ プログラムのインストール先を指定し「次へ」ボタンをクリックします。

install_04.png

ご注意

ここにはDB登録前の監査ログデータが一時ファイルとして生成されます。これらのファイルはDB登録後に順次削除されていきますが、

念のため十分に空き容量のあるディスクを指定してください。

⑥ DBデータ保存先フォルダのパスを入力し「次へ」ボタンをクリックします。

install_05.png

ワンポイント

過去に利用していたDBデータ(同一バージョンのみ)を指定し、再利用することも可能です。

ご注意

データベースのサイズは、監査ログを保存する期間によって変動します。「データの保存先について」を参考に、ご利用の環境に適した十分に空き容量のあるディスクを指定してください。

⑦ データベースに保存されるテーブルデータの区切りの基準日を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

install_06.png

⑧ 「インストール」ボタンをクリックします。

install_07.png

⑨ インストールが開始されます。

install_08.png

⑩ Windowsの監査設定が有効でない場合、以下のダイアログが表示されます。「はい」をクリックしてください。

audit-enable-confirm.png

ワンポイント

VVAULT AUDITはセキュリティ監査ログを読み込むため、監査設定が有効になっている必要があります。Windowsの監査設定を手動で設定したい場合は、「 1-1 インストール前の準備」の「Windowsの監査設定について」を参照してください。

⑪ イベントログの最大サイズ設定が1GB未満の場合、以下のダイアログが表示されます。「はい」をクリックしてください。

eventlog-size-confirm.png

ワンポイント

イベントログの設定についての詳細は、「1-1 インストール前の準備」の「Windowsイベントログ設定について」を参照してください。

⑫ 各種設定状況が表示されるので「次へ」ボタンをクリックします。

install_09.png

⑬ 「完了」ボタンをクリックするとインストールが完了します。

install_10.png