14 高度な設定

14-1 高度な設定とは

高度な設定画面では、「ファイル書き込み時のオプション」「バックアップ・レプリケーションの初期バックアップ優先設定」「ティアリング用 使用頻度値記録モード設定」を設定できます。

ファイル書き込み時のオプション設定

ファイル書き込み時のオプション設定では、キャッシュに蓄積されたデータをどのタイミングでディスクに書き込むかを設定します。

※このオプション設定はバックエンド処理が対象の為、仮想ドライブ操作に影響はありません。

ライトスルー

ファイルへの書き込みと同時に、必ずキャッシュの内容をディスクへも書き込むため、データが失われる危険性を最小限にします。

ライトバック

ディスクへの書き込みをなるべく控え、ある程度まとまってから書き込むため、バックエンドの処理能力が向上します。ただし、停電や機器の障害により、データの損失や破損が発生する場合があります。

バックアップ・レプリケーションの初期バックアップ優先設定

「初期バックアップ」とは、バックアップやレプリケーション機能を利用開始する(ONにする)前に仮想ドライブに存在していたデータを全てバックアップする動作のことを指します。

既存のデータを優先的にバックアップする場合は、「初期バックアップ優先する」に設定し、新しく書き込まれたものを優先的にバックアップする場合は、「初期バックアップ優先しない」に設定します。

通常は、新しく書き込まれたデータを優先してバックアップできる様に「初期バックアップ優先にしない」で運用してください。

ティアリング用 使用頻度値記録モード設定

ティアリング用 使用頻度値記録モード設定では、ティアリングで使用しているファイルの使用頻度値の更新日時の指定をします。運用初期の移行作業時以外では必ず「通常モード」を使用してください。

通常モード

ファイルに何かしらの処理が行われた日時(現在日時)を用いて使用頻度を算出します。そのため、仮想ドライブにcopyコマンド、robocopyコマンド、及びエクスプローラなどを用いて初期データをコピーして移行する場合、移行直後のファイルは全て同じ使用頻度になる為、更新日時の新しいファイルも速度の遅いストレージに移動する可能性があります。

手動データ移行モード

更新日時を用いて使用頻度を算出します。そのため、更新日時の新しいファイルは速度の早いストレージ、更新日の古いファイルは遅いストレージに配置される様になります。

運用初期の移行作業時以外は、必ず「通常モード」を使用してください。尚、Vマイグレーション、取り込み(ライブマイグレーション)、クイックマイグレーションでは自動的に更新日時を用いて使用頻度を算出するため、「手動移行モード」に変更する必要はありません。「通常モード」のまま実行してください。

Windows Server 2019でSMB1.0を使用する場合の対応

本製品をWindows Server 2019にインストールしSMB1.0を利用する環境において、下記の不具合が確認されています。

・仮想ドライブマウント後にServerサービスを再起動すると、SMB1.0クライアントから接続ができなくなる
(VVAULTは仮想ドライブを認識させるため、仮想ドライブマウント時にServerサービスを再起動させる仕様のため、上記事象が発生します)

この設定では、Serverサービスの起動タイミングを「設定された秒数だけ遅延させる」ことで本不具合を回避できるようにしています。ご利用のサーバーにあわせて秒数を調整してください。

なおこの設定を利用するにあたり、下記の点にご留意ください。

・本機能をONにした場合、Serverサービスのスタートアップの種類は無効に設定されます(OFFにした場合、自動に設定されます)

  1. ・VVAULTのサービス起動後、設定した秒数後にServerサービスが起動されるようになります
  2. ・Serverサービスに依存しているサービスもServerサービス起動後に起動されるようになります
  3. ・既にServerサービスが起動している場合は起動しません
  4. ・本機能はインスタンス1のみで動作します
  5. ・インスタンス2を使用する場合は、インスタンス2の起動後にServerサービスが起動するように秒数を調整してください

※Windows Server 2019では標準でSMB1.0が無効となっています。SMB1.0を利用するには本機能をONにする前に、Windows Serverに機能名「SMB 1.0/CIFS File Sharing Support」を追加してください