17 バックアップの設定

17-2 各部の名称と役割

バックアップ設定画面

layout_bkDrive.psd

名称と役割

① バックアップ[ON/OFF]ボタン

バックアップ機能を稼働/停止します。

②[バックアップ不整合修復]ボタン

バックアップの不整合を修復します。

③[適用]ボタン

入力されている設定値を保存します。

④[元に戻す]ボタン

<設定値を最後に保存された状態へ戻します。

バックアップ設定

⑤ 実行時間帯

バックアップを実行する時間帯を指定する項目です。指定した時間帯のみバックアップを実行します。

⑥[設定]ボタン

実行時間帯設定ウィンドウを開きます。

⑦ タイムマシーン機能

バックアップでタイムマシーン機能の使用を選択する項目です。機能の詳細については「20-1 タイムマシーンとは」をご覧ください。

⑧ バックアップ除外チェックボックス

作成日時の更新

ファイルの作成日時が更新された場合にプロパティ情報をバックアップするかを選択する項目です。

更新日時の更新

ファイルの更新日時が更新された場合にプロパティ情報をバックアップするかを選択する項目です。

アクセス日時の更新

<ファイルのアクセス日時が更新された場合にプロパティ情報をバックアップするかを選択する項目です。

ChangeTimeの更新

ファイルのChangeTimeが更新された場合にプロパティ情報をバックアップするかを選択する項目です。

アーカイブビットの更新

ファイルのアーカイブビットが更新された場合にプロパティ情報をバックアップするかを選択する項目です。

※更新日時やアクセス日時は、マスタドライブを操作しているクライアントによって頻繁に更新される場合があります。これらの項目をバックアップしないことによって、バックアップ処理の軽減と、タイムマシーンでのファイルバージョンの増加を抑制することができますが、日付情報を含めて完全に同期されたバックアップデータが必要な場合は、全てのチェックを外してください。

使用状況

⑨ 使用状況

構成ストレージに保存されているデータの使用量が数値とグラフで表示されます。

※クラウドストレージを利用している場合、クラウドサービスに保存されている実使用量を集計した値が()に表示されます。

※バックアップの使用量は「緑色」、タイムマシーンの使用量は「黄色」、バッファサイズは「灰色」、それ以外の使用量は「紫色」で表示されます。

⑩ バックアップ使用量の推移

<指定月のバックアップ使用量の推移がグラフで表示されます。

実行時間帯設定(曜日毎)ウィンドウ

layout_day_window.png

名称と役割

①[実行]チェックボックス

実行する場合はチェックを入れてください。

② 実行時間帯

実行時間を指定する項目です。

③[決定]ボタン

入力されている設定値を保存します。

④[キャンセル]ボタン

ウィンドウを閉じます。

※実行する時間帯は一日につき2パターンまで設定が可能です。

バックアップ用構成ストレージ一覧

layout_bkStorageList.psd

名称と役割

① ストレージ階層

現在表示しているティア(階層)の名称が表示されます。本製品では「最速」「高速」「中速」「低速」の4種類のティアを用意しています。

②[ストレージ追加]ボタン

構成ストレージの追加ウィンドウを表示します。

③[ストレージ取り外し]ボタン

取り外す構成ストレージを選択するウィンドウを表示します。

④ ストレージレコード

登録されている構成ストレージの一覧が表示されます。

バックアップ用構成ストレージ設定画面

layout_bkStorage.psd

名称と役割

① 構成ストレージ名

現在表示している構成ストレージの名称が表示されます。ストレージの登録時に任意の名称を使用することができます。

②[取り外す]ボタン

構成ストレージの取り外し処理を実行します。

③[強制取り外し]ボタン

構成ストレージの強制的な取り外し処理を実行します。

④[接続テスト]ボタン

保存されている設定値で構成ストレージへの接続テストを実行します。クラウドストレージの場合、クラウドサービスとキャッシュストレージの両方に接続テストを行います。

⑤[適用]ボタン

入力されている設定値を保存します。

⑥[元に戻す]ボタン

設定値を最後に保存された状態へ戻します。

ストレージ設定

⑦ ストレージ階層

ストレージを登録するティアを選択する項目です。

⑧ ストレージ名(入力必須)

任意のラベル名を入力する項目です。本製品内で一意である必要があります。

⑨ 接続先ストレージ

追加時に指定したストレージの種類を表示します。ボタンを押すと各種設定ウィンドウを表示します。

データ移行設定

⑩ 取り外しオプション

[移動先選択]

ストレージを取り外した際に、データの移動先となるストレージを選択できます。

[処理済みコンテンツ]

取り外し処理済みコンテンツの扱いを設定する項目です。

・残す

移動先にデータをコピーし、元データはそのまま残します。

・処理済みコンテンツを削除する

移動先にデータを移動し、元データを削除します。

・処理済みコンテンツを退避する

移動先にデータを移動し、元データを退避フォルダに移動します。

退避フォルダは、管理対象パスと同階層に「VVAULT_Detach_yyyyMMddHHmmssfff」という名称で作成されます。

使用状況

⑪ 使用状況

構成ストレージに保存されているデータの使用量が数値とグラフで表示されます。

※バックアップ使用量は「緑色」、タイムマシーン使用量は「黄色」、その他使用量は「紫色」で表示されます。

⑫ データ転送量の推移

指定月のクラウドサービス転送量の推移がグラフで表示されます。

※クラウドストレージのみ

⑬ キャッシュ使用量の推移

指定月のキャッシュ使用量の推移がグラフで表示されます。

※クラウドストレージのみ

⑭ ストレージ使用量の推移

指定月のストレージ使用量の推移がグラフで表示されます。

⑮ コメント

任意のコメントを入力する項目です。

バックアップ用構成ストレージ接続設定ウィンドウ(ローカルストレージ)

layout_bkLocal.png

名称と役割

① 管理対象パス(入力必須)

本製品を使用するコンピューターから、登録するストレージ、又はストレージ内のディレクトリへのフルパスを入力する項目です。

例)E:\

管理対象パス直下には本製品で使用する管理フォルダーが自動生成されます。システム不整合の原因となりますので、このフォルダーを直接変更、又は削除しないでください。また、システム運用に支障をきたす恐れのある場所は管理対象パスとして指定できません。

② 容量制限

ストレージ内に保存するデータ量を制限する項目です。有効にした場合、制限値をギガバイトまたはテラバイト単位で指定することが可能です。

バックアップ用構成ストレージ設定ウィンドウ(ネットワークストレージ)

layout_bkNetwork.png

名称と役割

① 管理対象パス(入力必須)

本製品を使用するコンピューターから、登録するストレージ、又はストレージ内のディレクトリへのフルパスを入力する項目です。

例)¥¥任意のサーバー名¥共有フォルダー名

管理対象パス直下には本製品で使用する管理フォルダーが自動生成されます。システム不整合の原因となりますので、このフォルダーを直接変更、又は削除しないでください。また、システム運用に支障をきたす恐れのある場所は管理対象パスとして指定できません。

②[ユーザー名とパスワードを使用する]チェックボックス

ネットワークストレージや共有フォルダー等で、接続に認証が必要な場合はチェックを入れてください。

③ ユーザー名(③チェック時は入力必須)

接続認証に使用するユーザー名を入力する項目です。先頭に、接続先のサーバー名、又はIPアドレスを入力してください。

例)接続先のサーバー名¥

④ パスワード

接続認証に使用するパスワードを入力する項目です。

⑤[表示]チェックボックス

パスワード欄に入力されている文字列を可視化します。

⑥ 容量制限(入力必須)

クラウドサービス内に保存するデータ量を制限する項目です。制限値はギガバイトまたはテラバイト単位で指定することが可能です。

バックアップ用構成ストレージ設定ウィンドウ(クラウドストレージ)

Amazon S3

layout_bkStorage_amazon.png

名称と役割

① 接続プロトコル

クラウドストレージへの接続プロトコルを選択する項目です。

② エンドポイント(入力必須)

使用するエンドポイントのURLを入力する項目です。詳細につきましては、以下を参考にしてください。

Amazon S3

http://docs.aws.amazon.com/general/latest/gr/rande.html#s3_region/

③ アクセスキー(入力必須)

クラウドサービスへ接続するためのアクセスキーを入力する項目です。

④ シークレットキー(入力必須)

クラウドサービスへ接続するためのシークレットキーを入力する項目です。

⑤ [表示]チェックボックス

シークレットキー欄に入力されている文字列を可視化します。

⑥ バケット名(入力必須)

バケット名を入力してください。

※入力したバケットが存在しない場合、自動生成することができます。

⑦ ストレージタイプ

ストレージタイプを選択する項目です。

⑧ サーバサイド暗号化

データ暗号化の有無を選択する項目です。

⑨ 容量制限(入力必須)

クラウドサービス内に保存するデータ量を制限する項目です。制限値はギガバイトまたはテラバイト単位で指定することが可能です。

バックアップ用構成ストレージ設定ウィンドウ(クラウドストレージ)

Cloundn Object Storage/GMOクラウド ALTUS オブジェクトストレージ/Google Cloud Storage/
ニフクラ オブジェクストレージ/Yahoo!クラウドストレージ

layout_bkStorage_Cloudn.png

名称と役割

① 接続プロトコル

クラウドストレージへの接続プロトコルを選択する項目です。

② エンドポイント(入力必須)

使用するエンドポイントのURLを入力する項目です。詳細につきましては、以下を参考にしてください。

Biz ホスティング Cloundn Object Storage

http://info.cloudn-service.com/faq_jp/objectstorage/

GMOクラウド ALTUS オブジェクトストレージ

https://www.gmocloud.com/storage/

Google Cloud Storage

https://cloud.google.com/storage/docs/reference-uris

※未作成のバケットは、ストレージタイプ:Standard、USリージョンで作成されます。

ストレージタイプ:Standard、USリージョン以外でのご利用したい場合は、Google管理コンソールで作成のうえ、VVAULTの構成ストレージに追加してください。尚、ストレージタイプ:Nearlineを構成ストレージに追加することは出来ますが、一部機能が正常に動作いたしません。

ニフクラ オブジェクトストレージ (西日本は一部制限あり)

https://pfs.nifcloud.com/api/endpoint.htm

※西リージョンを利用する場合、ニフクラのコントールパネルより西リージョンのバケットを作成のうえ、VVAULTの構成ストレージの種類に「ニフクラ オブジェクトストレージ東日本(east-2)」を選び、西日本リージョンのエンドポイント、および作成済のバケット名を指定してください。尚、未作成のバケット名を指定した場合は、正常に動作致しませんのでご注意ください。

Yahoo!クラウドストレージ

http://cloud.yahoo.co.jp/storage/

③ アクセスキー(入力必須)

クラウドサービスへ接続するためのアクセスキーを入力する項目です。

④ シークレットキー(入力必須)

クラウドサービスへ接続するためのシークレットキーを入力する項目です。

⑤ [表示]チェックボックス

シークレットキー欄に入力されている文字列を可視化します。

⑥ バケット名(入力必須)

バケット名を入力してください。

※入力したバケットが存在しない場合、自動生成することができます。

⑦ 容量制限(入力必須)

クラウドサービス内に保存するデータ量を制限する項目です。制限値はギガバイトまたはテラバイト単位で指定することが可能です。

キャッシュストレージ設定ウィンドウ

layout_bkCache.png

名称と役割

① ストレージの種類

ローカルストレージ、ネットワークストレージのどちらかを選択してください。

② キャッシュパス(入力必須)

本製品を使用するコンピューターから、キャッシュストレージに使用するストレージ、又はストレージ内のディレクトリへのフルパスを入力する項目です。

例1)E:¥……ローカルストレージの場合

例2)¥¥任意のサーバー名¥共有フォルダー名……ネットワークストレージの場合

キャッシュパス直下には本製品で使用する管理フォルダーが自動生成されます。システム不整合の原因となりますので、このフォルダーを直接変更、又は削除しないでください。また、システム運用に支障をきたす恐れのある場所はキャッシュパスとして指定できません。

③ [ユーザー名とパスワードを使用する]チェックボックス

ネットワークストレージや共有フォルダー等で、接続に認証が必要な場合はチェックを入れてください。

④ ユーザー名(③チェック時は入力必須)

接続認証に使用するユーザー名を入力する項目です。先頭に、接続先のサーバー名、又はIPアドレスを入力してください。

例)接続先のサーバー名¥ユーザー名

⑤ パスワード

接続認証に使用するパスワードを入力する項目です。

⑥[表示]チェックボックス

パスワード欄に入力されている文字列を可視化します。

⑦ 容量制限

ストレージ内に保存するデータ量を制御する項目です。有効にした場合、制限値をギガバイトまたはテラバイト単位のどちらかで指定することが可能です。